子供の名前 名付ける際に考慮しておきたいこと

もうすぐ自分の子供が生まれるので、子供の名付けかたについて、色々と自分の考えを書こうと思います。
自分の子供になんと言う名前をつけるかというのは、誰もが一度は想像したことがあることだと思います。
最近では「キラキラネーム」とか、逆に「シワシワネーム」とか、一昔前ではなかなか見ない名前が多くなってきています。
あくまで自分の考えですが、名付ける際に、考慮しておきたいことを書いていこうと思います。


①呼びやすさ・聞き取りやすさの問題
②赤ちゃん時代から老人時代までの考慮
③変なあだ名をつけられないかどうか
④漢字の問題
⑤実在の人物との一致

①呼びやすさ・聞き取りやすさの問題
これは、実際に名字と組み合わせて、声に出してみれば何となく分かると思います。
呼びやすさで気をつけたいのは、名字の最後の音が母音の場合、名前の最初の音が、その母音と同じだと、結構呼びにくいです。
(例:ふじい いくえ、いのうえ えいすけ、など・・・)

「佐藤」など、実際の最後の発音が「お」の場合は、
その母音とかぶらなければ、まずまず問題はないと思います。
やはり電話や会話の中で、聞き取りづらいフルネームだと、人生のいろいろな場面で損をしてしまうことが多いです。
「ほんまでっかTV」によると、呼びやすい名前や聞き取りやすい名前は、平均より良い幸福度が得られることが分かってきているそうです。
では、呼びやすい名前とは何でしょうか。
「あい」「まい」「りょう」「けん」などの2文字の名前は、聞き取りやすく、かつ発音しやすいため、呼びやすい名前の代表と言えるでしょう。

②赤ちゃん時代から老人時代までの考慮
生まれたばかりの子供や、小さいころは、どんな子でも可愛いものです。
しかし、キラキラして可愛い名前がついた中年や老人は、その本当にその名前で合っているでしょうか?

名前は一生ついて回るものですので、人生のどの場面においても、その人にしっくりくるような名前にすべきだと思います。

またキラキラネームは、一般的には就職に不利だと言われています。
常識的に考えて、そのような名前をつけるような親は想像力が無く、先のことを考えられない可能性が高いと思われます。
または一時の感情の高ぶりで、一生モノの選択をしてしまう人間とみなされてしまいます。

名前をつけられた子供は気の毒ですが、そういった親を持つ子供もまた、同じような目で見られても仕方ありません。
実際に企業の人事担当も、そう考えている人が多いそうです。


③変なあだ名をつけられないかどうか

これも大事なことで、変な読み方が出来る名前だと変なあだ名がつけられ、いじめにつながることがあります。
しかし現実は親が思いもよらないような発想で、あだ名をつけられることがあります。

これはもう、考えすぎても仕方が無いので、明らかに別の変な読み方が出来る名前は避けましょう、としか言えません。



④漢字の問題

通常の読み方では読めない漢字、当て字、常用ではない漢字の使用は避けるべきでしょう。

漢字変換も煩わしいですし、電話で漢字を伝えるときも手間がかかり、相手もイライラします。

また、読み方に複数の読み方がある漢字も、少し不親切かもしれません。
このあたりは、姓名判断の画数とも関わってくるので、非常にこだわる人も多い部分です。

しかし、姓名判断は、科学ではありません。
流派によって吉凶が違いますし、どの流派でも素晴らしい結果がでる名前と言うものはありません。

そもそも人生の良し悪しを漢字の画数などに託すなど、おこがましいとは思わんかね・・・(本間丈太郎先生風に)
それでも、どうしてもこだわりたいのなら、姓名判断の先生が自分の子供につけている名前を参考にしてはいかがでしょう。
そして、その子供がどういう風に育っているかFacebookなどで探してみてください。
目が覚めるかもしれません。

⑤実在の人物との一致
実際につけた名前を名字とセットで調べてみたとき、実在の有名人と同じ場合は注意しましょう。

一番イヤなのは、過去に大きな犯罪を行った人間と同姓同名というケースです。

誰でも、あまりいい気はしないでしょう。
逆に、めちゃくちゃイケメンの芸能人などと同じでも、これまた名前負けしてしまい、卑屈な人間に成長してしまいます。
病院などで名前を呼ばれるたびに、周りの患者がざわつき、そして失望します。
ただし、好感度が高い人物と同じ名前にすることで、その人も好感度を持ってもらえるという効果もありますので、なかなか難しいところです。

完成した名前を、一度ネットで検索してみることで、このあたりは防げるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク