「クラフトボス ラテ」など3点紹介 コーヒー好きには一度飲んで欲しい飲み物

ついに本日より、出荷停止になっていた、
サントリーの「クラフトボス ラテ」の販売が再開しました。
当初は、話題づくりのためのパフォーマンスなどと言われていましたが、
何はともあれ、再開しました。
販売が継続しているブラックの方が、
個人的にはかなり飲みやすく驚いたので、ラテの期待も高まります。
今回は飲んでみた感想と、
別でオススメのコーヒーを、少しだけ紹介します。

クラフトボス(ブラック)についての過去の記事





①クラフトボス ラテ (サントリー)500ml
②セブンプレミアム いつものコーヒー 甘さひかえめ(セブンイレブン)1000ml
③FIRE EXTREME BLEND ファイア エクストリームブレンド (キリン)185ml


①クラフトボス ラテ (サントリー)500ml

さて、今回わざわざこれを飲むために、コンビニに行きました。

一際目を引く形状のペットボトルは、
従来のクラフトボスと同様です。


味は、一言で言うと「甘さひかえめのすっきりラテ」という印象です。
見た目はコーヒー牛乳のようですが、
甘さは、ほんのり甘いくらいの印象で、どぎつさは一切ありません。

そしてコーヒー部分は、クラフトボスらしく、
すっきりした味わいで、後味がほとんどなく、
非常に飲みやすいです。

コーヒーとしてのインパクトは薄いですが、
甘すぎない、やさしい味わいのコーヒー牛乳が飲みたいという人には、
オススメです。

お茶のようにすっきり飲めるブラックコーヒーとして衝撃を受けた、
ブラックのクラフトボスに比べると、驚きは少なめです。
ちなみにブラックのクラフトボスは、
甘いスイーツのお供に最適だと思っています。



②セブンプレミアム いつものコーヒー 甘さひかえめ(セブンイレブン)1000ml

セブンイレブンなら、どこの店にも置いてあるであろう、
1Lパックのコーヒーです。

価格は約250円と割高ですが、他の紙パックコーヒーとは、
一線を画す芳しさがあります。


店内のマシンで淹れるカップコーヒーにはかないませんが、
家で冷蔵庫に置いておくコーヒーとしては、
かなりコクが深く、鼻に抜ける美味しさが分かります。

少量のミルクを入れる飲み方がオススメです。
コーヒーの味わいの深みが分からないという人は、
このコーヒーと、100円前後の1Lパックのコーヒーを飲み比べてみると、
他のコーヒーの薄さが分かると思います。
逆に違いが分からなければ、安いもので良いと思います。


③FIRE EXTREME BLEND ファイア エクストリームブレンド (キリン)185ml

自動販売機や、コンビニの缶コーヒーのコーナーでよく見かける、

銀色に輝く派手な缶のコーヒーです。
その名の通り、極限まで香ばしさを突き詰めています。


一口飲むと、「コーヒー豆!」という感じの、粉っぽい苦味とコクが分かると思います。
自動販売機の缶コーヒーの中では、かなりコーヒーっぽい味だと思います。
ただ、缶コーヒーの域をギリギリ越えるかどうかくらいのラインなので、
セブンのカップコーヒーや、スタバのコーヒーにはかないません。

また、深みがあって濃い味なので、何本も飲むのには適さないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする