「イザナミ」用ストラテジー 運用して5ヶ月目

さて、しばらく書いていなかった、株システムトレードソフト・イザナミでの運用について、5ヶ月ほど経ったので、報告しようと思います。
(2017年5月15~10月20日、開始資金550万・レバレッジ含む)

■目次

①結果
②ストラテジーの吟味
③感想

①結果


一番大事な、「利益が出ているのか?」という点です。
現在2017年5月に、3種類のストラテジーで、
それぞれ運用資金を配分し、合計550万でスタートしました。
現在、608万円です。(含み損6千円含む)


5ヶ月で、58万プラスになったという計算なので、
月平均+2%で推移していることになります。

もちろん株による運用なので、いつ落とし穴に落ちるかわかりませんが、
今のところ、普段使わない資産の運用としては、
満足する結果となっています。
多分、マイナス100万円とか行っていたら、
ブログの記事として書く気が起こらなかったかもしれません。
目次にもどる

②ストラテジーの吟味


僕はトレード戦略を、
「トレジスタ・ストラテジーオンライン」というサイトで購入しています。

当初は、「デルタホライザー」「ゴッドブレス2」「自作オリジナルルール」、
この3つで運用していました。
ゴッドブレス2が、今のところ非常に好調で、デルタホライザーはまずまず好調です。

3つ目の自作に関しては、勝率は高いものの、シグナルがなかなか出ず、
資金効率的に悪いかなと思ったので、
7月頃に、「ブレイブインパクト」に変更しました。

(そのブレイブインパクトは不調で、実は他の戦略に変えましたが・・・)
戦略の詳細については書くことは出来ませんが、

オンラインで購入する場合、やはり「公開後の成績」を何よりも重視すべきだと思います。
そして、公開後長い期間にわたって、プラスの成績を続けているならば、
それなりに信頼度が高いと思われます。


例えばデルタホライザーは、公開後5年の平均年利が36.8%、
ゴッドブレス2も公開後5年で31.9%と、非常に優秀です。
長い間販売してユーザーも多いでしょうに、この数字は驚異的だと感じます。

(購入すると、中に色々なバージョンがあるので、
それによって実際の利益は多少変わります)


しかしこれらのルールは例外として、

普通は、その戦略を使う人が多くなればなるほど、
市場に与える影響が大きくなり、
どうしても公開前の成績よりは落ちてしまいます。

使っている人の数が少ない公開直後は、良い成績を出す可能性がありますが、
信頼性に欠ける部分があるため、ややリスキーな選択になります。

また、複数のストラテジーで運用する場合は、タイプの違うものを組み合わせると、
より安全な運用が出来ます。

戦略の詳細に書いてありますが、
デルタホライザーとゴッドブレス2は、どちらも高値圏のブレイクアウト狙いです。
なので、組み合わせると良いタイプは、
底値圏のリバウンド戦略や、空売り系の戦略などが良いと思われます。
目次にもどる

③感想


自分で考えて株を買っていたころは、
費やす時間もかかりましたし、ストレスも多かったです。
しかし、完全にストラテジー任せにすることで、
感情をほぼ入れずに、売買することができます。

特に、「イザナミ用のワンクリック一括発注支援シート」を購入してからは、
時間もかからず、楽に売買でき、非常にストレスフリーになりました。

(以前の紹介記事)
「イザナミ」用 ワンクリック一括発注支援シート 使用感



今後の課題は、「今使っているストラテジーがダメになるとき」を見極めることだと思っています。

永遠に使えるストラテジーがあれば理想ですが、
株の運用である以上、リスクを完全にゼロにすることはできません。
かなり「安心感」を得ることは出来ましたが、
今後も気をつけながらやっていこうと思います。
次は、700万円を突破したら、記事を書こうと思います。
永遠にその記事が書かれることが無いかもしれませんが、
そのときはお察しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク