iPhone7の「Apple Pay」をコンビニの支払いで使用してみた(iD編)

現在、色々なお店で、電子マネーによる決済が可能になってきています。
訪れる頻度の高いコンビニでも、ほぼすべての店舗で、電子マネーの決済が可能になっています。
僕はいままで現金支払いばかりだったのですが、iPhone7でFeliCaが標準装備となったことで、電子マネーを使用する敷居がぐっと下がりました。
今回は、iPhone7以降の機種を持っている人が、どのように設定して使うのか、簡単に紹介しようと思います。

FeliCaとは?

Suicaなどに代表されるような、非接触でデータ送受信できるICカードのことです。

これにより、タッチするだけで(厳密には近づけるだけで)データの送受信ができます。

iPhoneの本体上部、カメラの横のあたりに組み込まれているそうです。

Apple Payとは?

Appleが提供する、電子マネーを入れる財布のようなものです。

具体的には、iPhone内の「Wallet」アプリを指すと考えて良いでしょう。
よくある間違いとしては、コンビニで支払い方法を伝えるときに「Apple Payで」と言うのは間違いです。

「どの通貨で支払いますか?」という質問に、「財布で」と答えるようなものです。
これについては、後述します。

Apple Payで利用できる電子マネー


利用できる電子マネーは、Suica、QUICPay、iDがあります。

まだまだ種類が少ないと言われていますが、コンビニで使えるだけひとまず十分かなと感じます。

実際の登録・設定


非常に簡単で、この楽さも利用する敷居を下げる理由となっています。

「Wallet」アプリを起動し、「+」マークをタップし、カードの追加をします。
クレジットカードを手元に用意したら、画面にしたがって必要な情報を入力していき、認証するだけですぐ完了します。
この手軽さは驚異的だと思います。

コンビニでの利用法


カードを登録したら、「Wallet」アプリ内で、それが「iD」なのか「QUICPay」なのか確認しましょう。
カード会社によって異なります。
コンビニで支払いに利用する際は、合計金額を告げられた後、「iDで」とか「QUICPayで」とか伝えましょう。

その後、端末にiPhoneの上部を近づけると、自動的にWalletのカードの画面に移ります。
その画面で指紋認証を行うと、「リーダーにかざして支払う」という文字が出てきますので、その状態で数秒タッチすれば支払い完了です。

この際、「パスコードで支払う」しか画面が出てこない人は、iPhoneの「設定」→「Touch IDとパスコード」にて、「Apple Pay」での使用をONにしましょう。
そうすれば、「Touch IDで支払う」という画面が出てくるようになります。
(自分はこの設定をしておらず、パスコードでしか支払えませんでした)

さらにスムーズに支払いたい人は、「設定」→「WalletとApple Pay」から、「ホームボタンをダブルクリック」をONにすると、真っ暗な画面の状態から一気にWalletまで飛べます。
もっとも、コンビニの端末に近づければ勝手に移行するので、それほど意味は無いかもしれません。
しかし、前もって指紋認証を終えておくことも可能なので、ONにしておくと便利かもしれません。

まとめると、コンビニで利用するときの最短コースは、以下の通りです。

・レジに商品を持っていき、会計をお願いする。
・「支払いはiDで」と先に言っておくと親切。edyと間違えられないように、はっきりと言うこと。
・店員さんが商品のバーコードを読み取っている間に、ロック中のiPhoneのホームボタンをダブルクリックし、指紋認証を行っておく。
パスコードでも可。
・レジを読み取ったあと、店員さんが「どうぞ」と言うので、「リーダーにかざして支払う」という画面のままリーダーに近づける。
・支払い完了の効果音がなるまで、少し空間を保って保持する。
・完了

以上です。

電子マネー決済のメリット


最大のメリットは、もちろん小銭などのやり取りが全く必要ないことです。

非常に楽ですし、時間も短縮できます。
店員さんも楽だと思うのですが、実際のところどうなんでしょう?

また、間接的にクレジットカードを使っているのと一緒なので、カードのポイントを溜めることができ、経済的です。

さらに、毎月のカード明細に、コンビニでの使用状況が集約されるため、消費金額の把握に役立ちます。
店内が混雑しているときなどスムーズに支払いが出来るので、もっと利用度が増えればいいのにと個人的に思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする