Google AdSense 関連コンテンツ広告機能が開放 月間PV3000程度なのになぜ?

Google Adsenseの広告の種類である「関連コンテンツ」が、いつの間にか使用できるようになっていました。
「使えるなら使ったほうが良い」と説明しているページが多かったので、一応導入をしていました。
しかし使えるようになってから色々なページを見てみると、使用が解禁になるには、何らかの条件を満たさなければいけないそうです。

そういうものだとは知らなかったので、今回は自分のブログの現在の状況を書いてみようと思います。
使用条件を推測するための1つのデータになればと思います。

このブログの現在の状況

はっきり言って、書くのが恥ずかしいくらいの状況です。
2018年5月ごろに開設し始めたので、約1年が経過していることになります。
記事数は約150記事で、最近は最低でも、2日に1記事のペースを保つようにして投稿しています。

最近の1日あたりのPVは100~150で、巷の人気サイトに比べれば、吹けば飛ぶようなサイトです。
月間PVにすると3000~4000くらいです。
ですので、広告収入など微々たるもので、まだ一度もGoogleからの振込はないという状況です。

ただ、振込用の口座を確認するためのPINコードの依頼と、その認証は完了しています。
とはいえ、まだ全然先の話になりそうなので、口座が役に立つのはいつになるのやら、と思っています。

やはり他と比較しても低い月間PV

他で、関連コンテンツが解禁された人のページなどを見ていると、皆さん月に1万~3万PVなどを集めている人ばかりです。

昔に比べれば、最近は条件が緩和されているという記事が多いですが、それにしても少ないような気がしました。
例えば、下記のサイトの方もかなり早い段階で解放されたようで、理由を色々と考察されていました。

(空海人@ダメマ編集長 様)
数千PVでアドセンス関連コンテンツユニットを解放した際の条件を考察する

こちらのサイトは、開設期間は3ヶ月と驚異的なスピードで、記事は96記事、月間PVは約5500PV、とのことでした。
これでもなお、僕の月間PV3000の方が低いです。
PVが多いほうがもちろん良いので、張り合っているわけではありませんが・・・(笑)

なぜこの程度のPVで開放されたのか?

これに関しては、はっきり言って謎です。
このサイトは、何かに特化しているわけではなく、どちらかと言えば色々なジャンルについての記事が多いです。
麻雀や野球など力を入れている部分はありますが、そこまで素晴らしいサイトとは言えないと思います(それを自分で言う)。
記事数が特別に多いわけではないですし、更新頻度も驚異的ではありません。

気をつけている点があるとすれば、ただの日記にならないようには気をつけています。
例えば、「新しいiPhoneケース買った!やっと届いて嬉しかった」など、ただの感想文だけでは終わらないようにしています。
なぜ購入したのか、何を基準に選んだのか、いくらで買ったのか、どういう商品なのか、実際の使い心地はどうなのかなど、まさにそれを買おうとしている人の参考になるような、そういう内容を心がけています。
どれだけピンポイントで需要が少ない記事であっても、誰かひとり読んでくれればいいや、くらいのつもりです。

何にせよ、何かを評価してくれたのなら嬉しい

何だかわかりませんが、Googleが「このページには見所がある!」と少しでも判断してくれたのなら、素直に嬉しいことです。

関連コンテンツの解禁をまだかまだかと待っている人がいれば、一つの事例として頭の片隅に置いてもらえればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク