マウス使用者に訴えたい、トラックボールをオススメする理由

以前、パソコンを操作する際にはマウスを使用していましたが、トラックボールなるものの存在を知り、そちらを使い始めました。
・LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

使い方

画像の通り、マウスのように手を乗せて使います。

しかしマウスと違う点は、ポインタの動かし方です。
ポインタは親指のところの球を回して操作します。
これにより腕を動かす必要が無くなり、肩への負担などが緩和して、かなり楽になりました。

また、この商品は無線タイプなので、別に机の上でなくても使えます。

イスに座ったまま手を膝の上に載せていても、ポインタの操作はあくまで親指ですので、どんな姿勢でも使えます。

ただ、クリックという動作はあるので、どこかに密着させないと、少し使いにくいかもしれません。
消耗品として単3の電池が必要なのと、信号を受信するための小さな受信機で、USB端子を1つ使用します。
(画像でのトラックボールの上に見えている、三角形のものではありません)
単3電池は、僕はエネループを使用しています。
(購入時に電池は付属しています)

メリット

最初の慣れないうちは使いにくいかもしれませんが、慣れてくるとかなり楽です。

前述したように、手を動かさなくて済むので、手首の負担は少ない気がします。

その分、親指の負担は増えるかもしれません。
家用と会社用、2台購入して使っています。
結構トラックボールの存在を知らない人が多いので、どうやって使うのかとよく聞かれます。
ただ、トラックボールの便利さは、慣れてからでないと分かりにくいため、使い勝手は不評です。

お手入れ

さて、長く使っていると、ポインタの動きが悪くなってくることがあります。

原因としては、球を外したセンサー部分に、垢やホコリがたまっていることが多いです。


手入れとしては、非常に簡単です。
青色の球をガコンと外し、中をティッシュや麺棒で拭き取れば、快適な動きに戻ります。

マウスやパソコンを触る前に、手洗いすることも予防には大事です。
さらに長く使っていると、クリックするときにダブルクリックになってしまったりドラッグしづらくなるなど、そういう症状も出てくるようになります。
チャタリングという、ハードの問題です。(スイッチ部分が高速でON・OFFになる現象)

一応、修理する方法もあるようですが、買い換えてもそれほど高くないので、新品に買い換えることをオススメします。


なおロジクールは、購入後3年保証という驚異的な保証対応があるため、保証書などを取っておけば、ネット上のやり取りのみで新品交換してもらえることが多いそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする