Yahoo!カーナビをGoogleマップよりオススメする理由

車の運転をする際、スマホのアプリを使っている人は、多いかと思います。
僕も、つい最近までGoogleマップを使っていました。
しかし同じく無料の「Yahoo!カーナビ」を試してみたところ、車の運転に関しては、Googleマップより若干使いやすいなと感じました。

個人の好みもあると思いますが、今回はYahoo!カーナビを提案する記事を書こうと思います。







「カーナビ」らしく、車の運転に特化したルート

Googleマップが、どんな場面でも使える万能地図アプリであることは、もちろん疑いようがありません。
徒歩で目的地へ向かう際や、大まかにざっと調べたいときなど、どんな場面でも使えます。

しかし、「Yahoo!カーナビ」は車の運転に特化しています。
目的地までのルートが、車で通りやすい幹線道路がメインで使用され、なるべく右折・左折も少なくなるような表示をしてくれます。

Googleマップの場合、最短ルートで検索されることが多いため、車では運転しづらいジグザグルートだったり、狭い道や細い道が使用されてりするので、僕はそれがイヤでした。
もちろん、道を外れれば再検索で修正してくれるのですが、ドライバーの気持ちを解ってくれていないな、と思っていました。


ナビゲーション機能の親切さ

運転中のルート案内も、もちろん親切です。
少し先に曲がる交差点がある場合、何個か前の信号名から表示されます。
そのため、曲がる信号が来るまでに心の準備や確認が出来るため、非常に親切だと思いました。

また、高速道路に乗ると、高速道路モードになり、分岐、インターチェンジ、サービスエリアなどが拡大して表示されます。
これもGoogleマップには無い機能で、さすが「カーナビ」という気がします。

あとは、Yahoo!カーナビの方が若干3D表示っぽいので、個人的にはこちらの方が見やすかったです。


目的地のジャンルから検索が可能

Googleマップも、「食事」「カフェ」などのアバウトな検索でも探せますが、精度はそれほど高くありません。

しかしYahoo!カーナビは、施設ジャンルなどから探せるため、Googleマップよりも絞って探しやすいという特徴があります。

レストランやコンビニはもちろん、ガソリンスタンドやコインパーキングなど、かなり細かく絞って検索することが出来ます。


一般優先/高速優先をワンタッチで切り替え

細かい点ですが、個人的には一般優先・高速優先のルート変更を、ワンタッチで変えられるのは便利でした。

Googleマップでは、経路を出した後にオプションで「高速道路・有料道路を利用しない」を切り替えなければいけません。
しかしYahoo!カーナビであれば、経路を表示する際に、「オススメ」「一般優先」「高速優先」のタブをクリックすれば、その場で比較することができます。
仕事の際は高速優先、プライベートの際は一般優先を使っている僕としては、毎度毎度切り替えるのが煩わしかったため、この点だけでもYahoo!カーナビがいいなと思ってしまいました。

「運転力診断」などその他の機能

そのほかに、「運転力診断」という機能もついています。
この機能をONにしておくと、目的地に到着した段階で自分の運転力が100点満点で採点されます。

「加速」「減速」「ハンドル操作」など、5項目20点満点で採点されます。
ほとんどの人は問題ない点数になると思いますが、自分の運転が気になる方は、これをONにしておくことで、客観的に自分の運転を評価できるかもしれません。

また、「自宅」「職場」などを地点登録しておくことで、素早く目的地を設定することが出来ます。
この辺りの細かい機能も、気が利いていてイイ感じです。


最終的には使用者の好み

色々と「Yahoo!カーナビ」について、紹介をしました。
無料のアプリですので、まずは一度ダウンロードして、試しに使用してみてください。
使用感が気に入った方を使えば、運転がより快適になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク