「2018年中日ドラゴンズ 活躍する選手の予想」の振り返りと反省

2018年シーズンも終わり、そろそろ選手の成績も定まってきました。
開幕前に、中日ドラゴンズで今年活躍する選手の予想をしていたので、振り返って反省してみようと思います。
裏切られたパターンが多い気がしますが、しっかり見直していきます。
結果の横に記入する「○」「×」は、結果の良し悪しではなく、予想が当たったかどうかの判定です。

主力投手

小笠原 慎之介

・予想
オープン戦でもっとも素晴らしい成績を挙げ、開幕候補にも挙がるほどです。
これまで順当に成長してきているので、今季で一気にエースクラスまで成長する素質は十分です。
カーブの精度が上がり、ストライクを取れるようになってきているのが大きいと思います。

・結果 ×
防御率などに改善が見られますが、球数が多く、イニングが進むと球威が目に見えて落ちるのは問題です。
球数を抑えられるようなピッチングを工夫が必要そうです。
途中で肘を痛めて再手術になってしまったのは残念です。
シーズンを通してローテーションを守ることはできませんでしたが、まだ若いので今後に期待します。

田島 慎二

・予想
去年シーズンを通して抑えを務めましたが、東京ドームなどでは打ち込まれるなど、不安要素があります。
オープン戦でもあまり振るっていませんが、開幕すればある程度はやってくれると思います。
本来ならクローザーよりも、セットアッパーで投げて欲しい使い勝手が良いタイプですが、チーム状況がそれを許しません。

・結果 ×
シーズン序盤は、騙し騙し抑えられていましたが、背信の投球が続き、中盤から2軍へ落とされてしまいました。
復帰後も救援失敗が続き、期待に応えることは出来ませんでした。
今年の中日の「リリーフ陣の崩壊」を表す代表的な選手です。

谷元 圭介

・予想
昨年の途中から加入した中継ぎエース候補です。
去年は急に環境が変わり、色々と難しい部分はあったと思いますが、さすがは実績十分のベテランらしい内容に落ち着いて来ました。
今季はシーズンの最初から、大車輪のごとく活躍を期待します。
先発が崩れたときのロングリリーフ、接戦でのリリーフ、勝ちパターンのリリーフと、何でも器用にこなして欲しいところです。

・結果 ×
シーズン序盤から滅多打ちにされる投球が続き、まったく活躍できませんでした。
ほとんどを2軍で過ごし、2軍でも思うような結果は出せていませんでした。

又吉 克樹

・予想
先発に挑戦中でしたが、また中継ぎへと転向されてしまいました。
先発をやりたい本人にとっては悔しいでしょうが、ファンにとっては中継ぎに又吉が居るのは、大変心強いです。
中継ぎ時の球威は先発のときと違い、目に見えて勢いが違います。

・結果 ×
中継ぎとして、不安定な投球が続きました。
特に先頭打者を出すことが多く、失点につながることが多かったです。

頼みの綱であるスライダーの変化が少なくなり、ほとんど直球で勝負を強いられることが不振の原因だったのではないでしょうか。

柳 裕也

・予想
去年は怪我で苦しみましたが、本来はもっと活躍できるはず。
その期待を裏切らず、オープン戦は抜群の安定感を発揮しています。
今季が最初のシーズンという気持ちで、1年を通して投げて欲しいところです。
安定感があり、完成度が高い先発としてローテに入ってくるのは確実だと思います。

・結果 ×
オープン戦に好成績、そして4月にヤクルト相手に完封と、非常に良いスタートを切りました。
しかし、またしても怪我により2軍に落とされ、その後見る機会はほとんどありませんでした。
ハードに起用されているわけではない今、2年連続で怪我をしているところを見ると、今後もあまり期待しないほうがよいかもしれません。

鈴木 翔太

・予想
スピードガンの球速表示以上の何かを持っている、伸びのあるストレートが特徴です。
ストレートで押していくタイプの先発ですが、制球に難があります。
制球を気にしすぎて、ストレートがダメになっては元も子もないと思いますが、やはり安定感には欠けます。
いいときはいいが、悪いときは悪い、そんな感じになりそうです。

・結果 ○
予想通り、安定感にかけた投球は変わらずでした。
もっとも、他の先発陣の台頭により登板機会自体が減りましたので、しっかりとした的中ではありません。

大野 雄大

・予想
期待されながらも、なかなか安定して勝てない先発です。
フタを開けてみるまでわからない部分があるので、何ともいえません。
残念ながらオープン戦でも結果はふるっていないようなので、今年も見通しは厳しいかもしれません。

・結果 ◎
予想通り、今季も期待外れに終わりました。
ストライクを取ること自体に苦しんでおり、先発で投げられる状態ではないように見えます。

各指標などを分析すると、中継ぎに向いている数値が出ています。
中継ぎが崩壊している今、そちらにチャレンジするのもありなのではと感じています。

祖父江 大輔

・予想
中継ぎの中堅として、今年も30~40試合くらいは投げると思います。
スライダーの出来が悪いと、とたんにすべてダメになってしまうのが怖いですが、コローンのような新フォームは好きです。

・結果 ○
予想を超える50試合を登板し、勝ちパターンで投げられる選手へと成長しました。
他の中継ぎ陣が崩壊していなければ、もう少し試合数は減っており、予想的中だったと思っています。

競争に勝ったというよりは、他が勝手に脱落していったという印象ですが、シーズン通して頑張っていたと思います。

三ツ間 卓也

・予想
谷元、又吉と共に酷使されるイメージが強い投手です。
昨年は連投やイニング跨ぎが多く、かわいそうに感じる場面が多くありました。
苦しくなると表情に出るのは良くないと思いますが、つい応援にしたくなってしまうのも確か。
きちんとスタミナを付ければ、後半戦もしっかり投げられるはずです。

・結果 ×
去年の後半、どんどん悪くなっていって終了してしまいました。
今季は、その悪くなってしまったまま今に至るという感じです。

ジー

・予想
今年から加入した、メジャーで約50勝している先発右腕です。
特徴としては、きれいなストレートはなく、基本がツーシームで、多彩な変化球を持ってるところです。
そのせいか打者が芯を外されてゴロになることが多く、内野守備が堅ければ球数も少なくなるでしょう。
制球も良いため、今のところ先発のローテ入りは確実です。
かなり活躍するのではと思います。

・結果 ×
かなり早い段階で脱落し、予想を大きく外しました。
数少ない登板で2完投するなど、長いイニング数を投げられる投手だっただけに残念でした。
彼の脱落により、中継ぎ陣に負担が掛かったということもあるでしょう。
残念です。

伊藤 準規

・予想
オープン戦ではあまり結果は出ていませんが、去年は中継ぎとして活躍しました。
今年もロングリリーフ、セットアッパーと頼れる場面は多いと思います。
リリーフとして本格的に投げたのは去年が実質初めてだったと思うので、今年は三ツ間と並んで、もう少し良い成績になると思います。

・結果 ×
まずまずの成績を残していたものの、シーズン序盤で2軍に落ちてそれっきりでした。
中継ぎ陣の救世主として戻ってくれることを密かに期待していましたが・・・
いまだに森監督が、先発として投げさせたい意向を持っているようなので、そのあたりの問題もあるのかもしれません。

主力内野手

荒木 雅博

・予想
通算400盗塁は難しいかもしれませんが、打撃守備走塁と、総合力で頭一つ分抜けた存在だと思います。
正直、若手を育てるという理由がなければ、ずっとスタメンで問題ないと思います。
おそらく左投手の際に、荒木が2塁スタメンという場面も多いのでは。

・結果 △
左投手の際に荒木が出るとまではなりませんでした。
しかし、主に守備や走塁で存在感を示しており、事実スタメンで出てもおかしくない活躍だったとは思います。
引退の表明により、もう荒木選手の来期を予想することがないというのが寂しいところです。

高橋 周平

・予想
チームが2塁のレギュラーに「させようとしている」期待の選手。
確かに毎年、打撃が開眼しそうな期待を抱かせてれる選手ですが、今年は2塁挑戦でどうなるかというところです。
守備はだいぶ良くなってきていると思いますが、比べられる相手が荒木と亀澤なので、そのハードルはかなり高いです(笑)
相当打たないとファンとしては納得できないでしょう。
他の二人にはない長打でアピールできれば一番いいのですが。

・結果 △
セカンドのスタメンとして定着したものの、魅力である長打に関してはいまひとつでした。
しかし、チャンスに強い打撃で、打率は.260前後ながら、打点をしっかり稼ぎました。

守備も荒木ほどではないにせよ、無難にこなしており、来期が期待できます。

京田 陽太

・予想
不動のショートレギュラーを勝ち取った昨年の新人王。
去年1年を通して出場し続けた経験をもとに、今年はさらに成績を上げてほしいところ。
去年くらいの活躍は出来ると計算できると思います。
今年は、四球を選べる粘り強さを期待したいところです。

・結果 ×
去年よりも成績は落ち、四球を選べる粘り強さも、顕著には見られませんでした。
しかし、試合に出続けることが出来るスタミナと体の強さは魅力です。
怪我さえなければ、確実に経験を積み、成長していくと思います。

亀澤 恭平

・予想
チームによっては、普通にレギュラーを取っているのではと思う選手です。
今年も競争が激しいポジションですが、頑張って欲しいです。
代打、守備固め、代走と何でもできる、内野の便利屋として今年も活躍するでしょう。

・結果 ◎
右投手の際のスタメン、代打、守備固め、代走と、予想通り活躍しました。
外野の便利屋が藤井なら、内野の便利屋は亀澤でしょう。

代打としての出塁率も高く、魅力のある選手です。

福田 永将

・予想
日本人選手の中でもトップクラスの本塁打率を誇る、今年チームで一番期待できる選手です。
ファンが口をそろえて「1年通せば30本は打てる」という長打力を持っています。
今年はそれを実現して、自信をつけて欲しいと思います。
真面目な性格が溢れ出ていますが、メンタル面で脆さが出ないよう、気を抜いてやって欲しいところです。

・結果 ×
飛躍が期待された今年でしたが、去年よりも成績を落としてしまいました。
ボール球を振る悪癖が直らず、追い込まれたあとは簡単に凡退してしまいます。
試合の大勢に影響がない場面で打つ場面が多く、メンタル面での成長が待たれます。

堂上 直倫

・予想
京田の加入、二塁の競争激化、三塁の福田と、入り込む隙がなくなってしまいました。
しかしその鉄壁の守備技術は、試合終盤の守備固めに欠かせないものなので、今年も1軍にはずっといるでしょう。

・結果 ◎
予想通り、去年と同じく守備固め要員として、1軍ベンチに定着しました。
ただし選手としての存在感は少なく、本当にこのレベルの選手として終わっていいのかと不安になります。

ビシエド

・予想
去年は市民権獲得の問題で、長期間離脱しました。
今年は1年を通して居れば、かなりの成績を残すと思います。
独特の強烈なダウンスイングで、外角の球でもライトスタンドに叩き込むので、非常に頼りになります。
一昨年は、内角を攻められて調子を崩しましたが、今年は乗り切れることを期待します。

・結果 ◎
今年は1年通して4番に定着し、非常に高い成績を残しました。
内角を我慢することを覚え、打席内でのしぶとさも見られました。
守備もかなり上手く、チームの中心選手として非常に頼れます。

主力外野手

藤井 淳志

・予想
走・攻・守、何でもできるため、スタメンに居るよりもベンチに居たほうが使い勝手が良い選手です。
そういうわけで、今年も一軍にはずっと居られると思います。

・結果 ◎
予想通り、ベンチメンバーとして不動の地位をより強固なものにしました。
外野メンバーの故障などの際にはスタメンとしても出場し、チームの戦力低下を少し食い止めました。

平田 良介

・予想
怪我さえしなければ、足が速く守備も上手い、選球眼も良く一発もあるという、5ツールプレイヤー。
(元横浜の多村選手のような・・・)
怪我さえしなければ、かなりの成績を残すでしょうが、それは多分難しいでしょう。
穴を埋める選手はそこそこ居るので、そこは幸いです。

・結果 ×
良い意味で予想を裏切られました。
一年を通して、大きな怪我は無く、首位打者に迫る勢いの成績を残しました。
1番・平田は、僕自身も昔から推していた打順ですが、それが今季実現し、成功したことは嬉しく思います。
長打力を捨てて出塁に徹すれば、中軸が何とかしてくれる打線だったのが幸いです。

大島 洋平

・予想
ドラゴンズで最も頼りになる打者です。
毎年3割を打てる安定感と、コンスタントに盗塁できる足、たまにある一発と、今年も活躍することは間違いないでしょう。

・結果 △
シーズン序盤は非常に調子を落としたものの、後半は何とか挽回しました。
ただし、嬉しいことに「最も頼りになる打者」という代名詞が外れてしまいました。

アルモンテ

・予想
今年から加入の、強打のスイッチヒッターです。
小さなステップから、上半身だけを使っているように見えるスイングですが、飛距離は驚くほど出ます。
長打力とミートを兼ね備えた、日ハム時代のセギノールのようなタイプになるのではと思います。
落ちる球を上手くすくう場面も多く見られ、変化球への対応力も見せています。
守備が緩慢なのさえ目をつぶれば、レフトやDHは任せられるでしょう。

・結果 ○
開幕から交流戦にかけて打ちまくり、その独特な風貌を相まって、一躍有名になりました。
その後、調子を落としてしまいましたが、終盤には調子を戻し、3割を切りそうで切らなかったのは立派だと思います。

性格も真面目で、守備も上手くなって来ました。
膝や手首の故障が無ければ、来期も活躍すると思います。

準主力投手

岩瀬 仁紀

・予想
去年、意外と投げられる姿は見せましたが、やはり衰えが見られました。
ただ新変化球の習得などで、オープン戦ではまだやれるのではないかという余力を見せてくれました。
黄金期を支えた選手なので、活躍するのは嬉しいのですが、岩瀬を追い出せるような選手が出てこないのは寂しいところです。
若い選手たちのコーチも兼ねて、頑張って欲しいと思います。

・結果 ○
勝ちパターンでも多く投げ、中継ぎ陣が崩壊する中、何とか支えてくれました。
衰えは見られるものの、ピンチでも何とかしてくれるのではないかという期待がありました。
岩瀬が戦力として通用してしまう現状が悪いのか、岩瀬が凄いのか・・・

吉見 一起

・予想
手術をしてからは、元々早いわけではなかった球速が落ち、苦しいシーズンが続いています。
いくらコントロールが良くても球速が140中盤はないと、1軍ではなかなか通用しないと感じさせられます。
非常に高いプロ意識を持っていると感じるので、若手にその姿勢を見習って欲しいと思います。
ローテーションの谷間に食い込んでくる可能性はあると思います。

・結果 ×
嬉しい誤算ですが、ローテーションの谷間どころか、ローテーションを守っていました。
1軍では厳しいと思っていましたが、QS率も高く、先発としてまだまだやれるという姿を見せてくれました。

福谷 浩司

・予想
それなりの球速ながら、なぜかヒットを打たれてしまう不安定さがあります。
たまに登板しているのをみても、ストレートがしっかり制球されているようには見えず、いつも不安定に見えてしまいます。

・結果 ○
予想通り、不安定なままでした。
ただ中継ぎの不足により、去年よりは登板機会も増えてきています。

阿知羅 拓馬

・予想
2軍でのエースとして、かなりの実績があるものの、なかなか1軍に呼ばれません。
バランスが良過ぎて、これといった武器が無いのではと感じます。
1軍の先発陣が揃っている状態では、上から声がかかることは少ないと思います。

・結果 ○
1軍登板が全く無いまま終わり、非常に残念に思います。
ただ、上に上がってこないのはタイミングや運の悪さもあると思うので、何とか頑張って欲しいと思います。

浅尾 拓也

・予想
福谷よりは制球が良い印象ですが、やはり全盛期のストレートには遠く及ばず、力不足な印象です。
しかしきちんとやれば、祖父江と同じくらいは投げる場面があると思うので、まだ期待しています。

・結果 ×
さすがに50試合登板している祖父江と同じくらいは、投げる場面はありませんでした。
上がり目がない以上、引退も止む無しといったところです。
黄金期を象徴する、中日には貴重なスター選手でした。

準主力内野手

阿部 寿樹

・予想
守備もよく、打撃も良くなってきているのに、出るポジションが無いという不遇の選手です。
荒木や周平に何かあれば、すぐに代わりになりうる選手と思います。
長打力も付いて来ましたし、代打としても活躍できると思います。

・結果 ×
代打としてベンチに入れるのは悪くないと思うのですが、食い込んできませんでした。
右の代打が荒木・堂上なので、入り込む隙はありそうです。

準主力外野手

遠藤 一星

・予想
打撃が売りですが、レフトはアルモンテ、センターは大島、ライトは平田となると、なかなか入り込む余地がありません。
3人のうち、誰かが怪我をしたときに食い込んでくる選手でしょう。

・結果 ×
3人のうち誰かが怪我をしても、食い込んでくることはありませんでした。
今年は1軍で姿を見ることも無く、期待はずれの結果となりました。

松井 佑介

・予想
打撃が売りの選手です。
去年も、平田が抜けているときに穴を埋め、非常に活躍しました。
守備で比べるとどうしても見劣りしますが、打撃は同じくらい頼りになります。
平田が怪我で抜ける確率が高いので、外野の2番手の筆頭候補です。

・結果 ×
外野がほとんど万全だったことと、藤井が穴を埋めたことで、1軍に上がってくる機会に恵まれませんでした。
代打での少ないチャンスにも、期待に応えられなかったのも残念でした。

期待枠

鈴木 博志

・予想
去年のドラフト1位の豪腕ピッチャーです。
適度にボールが散らばるものの、四球でランナーを溜める怖さがあるため、抑えとしてはまだ怖いところです。
しかし球速には魅力があるため、変化球を磨き、ストライク先行のピッチングが出来れば、守護神もありうると思います。

・結果 ○
四球で崩れるのは予想通りで、結果を出していた序盤に守護神になったので、予想は当たりとします。
ただし、その後、プレッシャーに潰されて2軍落ちになってしまったのは非常に残念です。
まだ1年目ということで、今後に期待します。

笠原 祥太郎

・予想
大きな実績があるわけではありませんが、去年後半から安定したピッチングを続けていた期待の左腕です。
ソフトバンクの和田投手のように、体の後ろで隠された左腕が、リリースの瞬間に急に出てくるイメージです。
球の出所が見づらいのか、140キロそこそこのストレートに、打者が詰まらされている場面を多く見ます。
これに加えて、制球力や変化球の精度もあり、スタミナもかなりある印象です。
ローテをきちんと守れば、10勝できると思います。

・結果 △
ローテを守ることは出来なかったものの、後半は5連勝と活躍しました。
1年通して投げることが出来れば、二桁勝利も近いと思います。

木下 雄介

・予想
150キロ近い速球とフォークが特徴のリリーフピッチャーです。
支配下登録されたこともあり、モチベーションを保って、リリーフ陣を活性化して欲しいと思います。
支配下登録直後に満塁ホームランを浴びるなどのトラウマはありましたが、オープン戦と割り切って欲しいところです。
今後の登板内容次第ではセットアッパー、抑えも有りうると思っています。

・結果 ×
勝ちパターンで投げるには難しい内容の結果でした。
球速とフォークは魅力ですが、制球に難があります。
ただし、中継ぎとして大成できる可能性はあるため、今後も見守りたいところです。

松坂 大輔

・予想
正直、戦力としては望めないと思います。
しかし地味な中日ドラゴンズにおいては、注目を浴びる唯一の材料ですし、観客動員数の向上には役立つと思います。
ぜひ土日祝日に登板し、ドームに客を呼んで欲しいところです。

・結果 ×
チーム2位の勝利数を挙げ、しっかり戦力になっていました。
球数が多く、ランナーも溜まりやすい投球スタイルですが、ピンチで三振をとるなど、尋常ではない粘りが魅力でした。
反面、崩れるときは一気に崩れるます。
ピンチ時のメンタルの強さは、中日投手陣が見習うべき部分です。

モヤ

・予想
今季加入の助っ人外国人です。
201cmの大柄な体で、彼もスイッチヒッターです。
アルモンテに比べ、やや粗い印象があり、内角攻めや変化球に苦しんでいる印象があります。
まだ若いので、今年1年だけの選手ではないのかもしれませんが、まだしばらく対応できなさそうに見えます。

・結果 △
日本の野球に、完全に対応できているわけではないでしょうが、交流戦前後に活躍しました。
4割近くを打ち、今後も期待できます。
しかし外国人枠の関係で、割を食ってしまった感があります。
アルモンテが不調なときに、代わりに上げたい選手です。

勝負の年

・予想

野本 圭

毎年、自由契約になるのではと思いながらも、何とか残留を続けている印象です。
ドラフト1位で取っており、出身大学や企業との関係もあるので、なかなか切れないのかもしれません。
ただ、ここ数年は本当に活躍の場も減っており、そろそろまずいのではと思います。

・結果 ○
成績の問題ではないのでしょうが、引退することになりました。

友永 翔太&井領 雅貴

・予想
共に同じようなタイプの選手で、年齢も20代後半です。
オープン戦などで打席を貰っているものの、結果を出せておらず、ますます厳しい状況になっています。

・結果 ○
全く1軍での出場が無かったため、戦力外もあり得ます。

小熊 凌祐

・予想
先発候補として期待していましたが、ここ数年は若手の台頭もあり、登板機会が減っています。
特に去年も、チャンスを貰いながら物にできなかったので、そろそろまずいのではと思います。

・結果 ×
シーズン後半にローテーションに入ってきて、一定の結果を出しました。
ストレートの球速が上がっており、バランスの良いタイプの投手になったと思います。
来期も期待が出来ると思います。

若松 駿太

・予想
まだ若いですが、森監督の厳しいコメントが印象に残っています。
生命線のチェンジアップと制球力で、何とか返り咲いて欲しいところです。

・結果 ×
返り咲くどころか、登板はありませんでした。
トレード要員として使われるのではという気もします。

山井 大介

・予想
ベテランの域に達していますが、一言で言うと「不安定」な選手です。
昔は、良いときは手が着けられないほどよく、悪いときは全くダメという感じでした。
近年、悪いときの割合がどんどん増えていき、ジリ貧の印象です。
スライダーの出来次第で、その日の内容が決まります。

・結果 ○
予想通り、不安定な結果となりました。
良いときは本当に良く、今シーズンでも完封があったのは素晴らしいと思います。
しかし年々、「良いとき」の割合が減ってきているので、そろそろ引退もあるのではと感じます。

まとめ

僕の予想の多くは、「今年良い成績を残したのだから、次も残すだろう」という予想が多かったです。
しかし、単年でしか活躍していない選手が、次の年も連続で活躍することは、非常に大変なのでしょう。
多くの予測を外す結果となりました。

その反面、予想を覆して活躍した選手が多いことも事実です。
上位争いをしていくには、ファンの予想を覆すような新しい選手がどんどん出てくることが必要だと思います。
そのためにはドラフトと若手の育成が大切です。
しばらく最下位なのは仕方ないとして、その中でじっくり、若手が育っていければと願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク