おすすめフリーゲーム(アドベンチャー)紹介記事まとめ

ゲーム
この記事は約6分で読めます。

本ブログで紹介しているフリーゲーム(アドベンチャー)について、紹介記事をまとめたページです。
推理物、デスゲーム系、ホラー系が好みなので、その辺りが多めです。

おすすめアドベンチャーゲーム

フリーゲームでおすすめの名作推理アドベンチャー3選

これだけは是非プレイしてほしい、という3つの推理ゲームを紹介しています。
「氷雨」、「煉獄 かまいたちの夜2 -another-」、「神林家殺人事件」の3つです。

キミガシネ -多数決デスゲーム-

キミガシネ -多数決デスゲーム-(1章) フリーゲーム ネタバレ無し感想

キミガシネ -多数決デスゲーム-(2章前編)フリーゲーム ネタバレ無し感想

キミガシネ -多数決デスゲーム-(2章後編)フリーゲーム 感想・考察

キミガシネ -多数決デスゲーム-(最終章前編Aパート)感想・考察

キミガシネ -多数決デスゲーム-(最終章前編Bパート)感想・考察

高いクオリティのデスゲーム作品で、魅力的なキャラと深まる謎、そして伏線に惹きつけられます。

ドキドキ文芸部(Doki Doki Literature)

決して恋愛アドベンチャーゲームなどではない、恐ろしいドキドキを味わえるゲームです。
一度はプレーして欲しい作品です。

死月妖花~四月八日~

死月妖花~四月八日~(フリー・長編ホラーノベル)感想・紹介(全体進行率0%~27%、プレイ時間13時間の時点)

死月妖花~四月八日~(フリー・長編ホラーノベル)ネタバレあり感想2(全体進行率27%~52%、プレイ時間18時間の時点)

死月妖花~四月八日~(フリー・長編ホラーノベル)ネタバレあり感想3(全体進行率52%~100%、プレイ時間37時間の時点)

死月妖花~四月八日~(フリー・長編ホラーノベル)ネタバレあり感想4・攻略メモ(クリア時間64時間)

非常に練られた見せ方と、作り込まれたシナリオに引き込まれる長編のホラーノベルです。

ヘビの命

RPGツクールMV製の推理アドベンチャーです。
独特な雰囲気と斬新なシステムで熱中して楽しめる作品です。

闇を奔る刃の煌き

2011年に有償で頒布されたビジュアルノベルがフリー公開されたものです。
幕末を舞台にした破天荒な夫婦による、バトルあり伝奇ありの衝撃的結末の痛快な作品です。

鼓草 つづみぐさ

「女性向け恋愛ADV」と銘打たれていますが、性別関係なくオススメしたい作品です。
戦時下という時代に翻弄される夫婦たちのドラマです。

詩歌を嗜むRe

VIPRPGであり、いわゆる「見るゲー」です。
ツクールの機能を生かした演出と、生きることについて考えさせられるSF的作品です。
(性的・グロテスクな描写があるため、ご注意ください)

セブンスコート

フリーゲーム制作者が主人公で、美しいビジュアルとBGMが特徴的な感動ビジュアルノベル作品です。

親愛なる○○へ

ありがちな導入部から予想ができないトリックの、意外性のある結末が魅力の推理アドベンチャーゲームです。

細胞神曲 -Cell of Empireo-

バイオハザードのような雰囲気ですが、設定や演出、ドット絵等が非常に濃密に作り込まれているアドベンチャーゲームです。

細胞神曲 -Cell of Empireo- DLC 磯井実光の記録<レコード>

「細胞神曲」クリア後にプレイできる、本編の余韻を味わうための追加コンテンツです。
と思いきや、それだけではない仕掛けが明らかになります。

真昼の暗黒

異なる視点から描かれる、レトロ調のインターフェースが特徴的なサイコサスペンスノベルです。
作中作という形式をどう考えるかにより、解釈が変わってくる作品です。

CODA

遠未来のディストピア社会での青春や日常、政府の陰謀や謎などを描いた、ビジュアルノベルゲームです。

MINDCIRCUS

負のオーラが漂う人物が主人公の、ミステリー風サスペンスノベルです。
「真昼の暗黒」と同じ作者です。

CyberRebeat

ハッキングをテーマにした、リアリティ溢れる長編サスペンスのビジュアルノベルです。

臨界天のアズラーイール

テンポ良く読みやすいストーリー、音楽、グラフィックが素晴らしいノベルゲームです。

ドールリコレクト

「フィギュアディテクト」と同じ作者の2作目です。
二転三転する推理パートは、どのような結末に落ち着くのか予想できず、とてもお勧めです。

フィギュアディテクト

「ダンガンロンパ」リスペクトの推理アドベンチャーゲームで、ダラダラせずに面白さがギュッと凝縮されています。

徒花の館

殺人鬼側の視点よりデスゲームが楽しめる短編アドベンチャーです。

徒花の館・紅

前作に続いてデスゲームが楽しめる短編アドベンチャーです。

徒花の館・蒼

ゲーム性は低いですが、相手を罠に掛けて殺すという不謹慎ゲームに近い内容のものです。

徒花の館・地獄篇

シリーズ集大成となる、これぞデスゲームというアドベンチャーです。
パラレルに近い扱いなので、今までの作品はプレイしていなくても問題ありません。

はざまたそがれ

レトロで和風な、独特の雰囲気が特徴のレトロ・ホラーノベルです。
1話が10分程度のエピソードで区切られるため、テンポ良く読み進めて行けます。

SHADOW

推理要素のある、学園が舞台のサスペンスアドベンチャーゲームです。
CHAPTER形式でテンポよく進行していき、ストレスなくプレイできます。

ヒトミサキ

誰にでもお勧めしやすい、完成度が高くテンポの良い推理サスペンスゲームです。

アキトDATE ショート ~10%の悪意~

まるでアニメやコミックを見ているかのような豊富なグラフィックが見ていて楽しい推理アドベンチャーです。

十二ヶ邸

「かまいたちの夜」を彷彿とさせる本格推理サンドノベルゲームです。

色は黒に包まれて

作者の実話を基にしたアドベンチャーで、心を抉られるような生々しい描写が特徴的です。

ZENO リメイク版

謎や仕掛けを解きながら施設からの脱出を目指す、魅力的なキャラとストーリーの探索アドベンチャーゲームです。

PRECIOUS -なぜショウは神に挑んだのか-

スピード感溢れる戦闘シーンと、際限なく溢れるギャグパートが特徴な見るゲです。

ですげぇむのお時間デス!

デスゲームのお約束を守りながら意外な展開もある短編アドベンチャーゲームです。
主人公は3人で、内容や展開も大きく異なっていきます。

かみかくしの夜

登山サークルの大学生たちが雪山で遭遇する殺人事件を描いた、「かまいたちの夜」リスペクトの推理ビジュアルノベルです。

ReIn∽Alter リーン・アルター

「孤独を抱えて生きる少年少女たちの現代異能SFセカイ系長編ノベルゲーム」です。
サクッと軽く読むのではなく、じっくり腰を据えて読んで欲しいと感じた作品です。

SHOCK-Last liquor ショック・ラストリッカー

「古畑任三郎」「刑事コロンボ」のような倒叙形式で楽しめるアドベンチャーです。

Eternal エターナル

平穏な単独宇宙航行の日常を襲う、サスペンスタッチで読みやすいSFビジュアルノベルです。

扉は君の鍵で開く 離心円

指定した単語を質問することで進んでいくシステムが特徴の推理アドベンチャーゲームです。

真性終末症候群-World end,eve-

一枚絵を惜しみなく使用して、真正面からセカイ系を描いたビジュアルノベルゲームです。

深海 – Shinkai

深海を舞台にした、異色の推理ホラーノベルです。

消えたあの時の叫び

衝撃的な結末と、殺人鬼から逃げながら解くパズルが特徴的な、ホラーアクションゲームです。

Village of Cyber

人狼ゲームの面白さや基本的なことが一通り楽しめるゲームです。
段々と複雑なステージになっていくので、この作品で練習しておくと基本が学べます。

裁判長!どうしますか?

ライトな雰囲気の、裁判をテーマにした短編アドベンチャーです。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました