これは読まないと損、笑える漫画紹介5連発

最近読んだ面白いギャグ漫画について、いくつか紹介しようと思います。

あそびあそばせ

可愛らしい女子中学生3人が、放課後のあそび同好会にて、様々な遊びに興じる漫画です。
萌え系の可愛らしい絵ではなく、水彩画のようなふんわりとした表紙が特徴です。
ページを開くと変顔だらけですが・・・

ギャグの構成要素は、「変顔・下ネタ・勘違い・セリフの言い回し」だと思います。

ノリとしては「日常」に似ている部分がありますが、こちらの方が好きです。

フリンジマン(全4巻完結)

「愛人を作りたい」という熱い思いを持つ3人が、「愛人教授(ラ・マン・プロフェッサー)」と呼ばれる人物に教えを乞い、段階を踏んでレクチャーしていく内容です。
アホみたいな内容を大の大人が真剣に話し合っている図は、それだけで非常に笑えます。
主人公は純情・ヘタレな誠実っぽい人物、友人その1は何でも洋画に喩えるキャラ、友人その2は何でも野球に喩えるキャラで、比喩がマニアックなため、分かる人には非常に面白いです。

また登場人物の名前が、実在の文豪・小説家をもじった名前である部分も、作者の強いこだわりを感じます。

男であればなぜか納得してしまう謎の法則など、非常に楽しめる内容となっています。
*2017年10月7日からドラマ放映するようです。
知らなかった・・・見てみようと思います。

波よ聞いてくれ

パワフルで少し馬鹿で残念な美女・ミナレが主人公の、ラジオを題材としたコメディ漫画です。
素人がひょんなことからラジオのパーソナリティを務めることになります。
業界の裏話などは興味深いですが、それよりもとにかく、セリフの言い回しや突っ込み、ボケが秀逸で、非常に読み応えがあります。
頭のどこからこんなに言葉が出てくるんだ、という感じです。
なんだかこれもドラマ化しそうな漫画ですが、凄く口が回るけどどこか残念な感じの女優に演じて欲しいですね。
まずは1巻だけでも、読んでもらえると魅力が分かってもらえると思います。

社畜!修羅コーサク

悲しき社畜を扱った、自虐的なギャグ漫画です。
本社から「墓多死社」(はかたししゃ)に左遷されたプロの社畜が、世紀末っぽい社会を渡り歩いていく話です。
あまりにもバカらしい展開についていけるのは、1冊がお腹いっぱいかもしれません。
しかし、それでもこの漫画を読んでしまうのは、僕もまた悲しい社畜だからなのかもしれません。
主人公にどこか憧れにも似た感情を持ちます。
ちなみに「島耕作」の作者・弘兼憲史先生は黙認とのこと。

ちおちゃんの通学路


普通に学校に行くだけなのですが、なぜか毎回何らかの障害があり、スムーズにたどり着くことが出来ません。

ちょっとFPSゲーム廃人なだけの普通の女子高生が、大体なにか余計なことをしてトラブルに巻き込まれます。

本人にその気はなくても、周りの人から勘違いされて、そのズレが、アンジャッシュのコントのような面白さを生んでいます。
大げさで過剰なリアクションが面白いです。

そのほか、本ブログで紹介している漫画の記事をまとめたページはこちらです。
本ブログで紹介している漫画系の記事まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする