長時間イスに座る際にオススメの、二重ハニカム構造ゲルクッション

生活
この記事は約3分で読めます。

前書き

仕事でもプライベートでも長く座っていることが多いせいか、少し前から痔を患ってしまいました。
生まれて初めての経験なので、現在、色々と生活習慣などを改善しながら治療を進めているところです。

いくつか改善している事柄の中の一つで、イスに座る際に敷くクッションを色々と試してみました。
最終的に、これは良いなと感じた物に出会えたので、今回紹介することにしました。

商品概要


見た目はこのような感じのゲルクッションです。
以前通販の番組で、生卵を置いてその上に座っても割れない優しいクッションということで、何となく見た記憶がありました。
ネットで調べても、メーカー名などが全然出てこないので、「ゲルクッション 二重ハニカム構造」などで検索するとヒットすると思います。
僕が購入したAmazonではクーポンがついており、2680円がクーポン適用で2300円になり、この価格で購入しました(2020年4月の時点の価格です)。


ハニカム構造は、ハチの巣の模様で良く知られていますが、本商品もこのように六角柱が敷き詰められた構造になっています。
座ったときに、上からの圧力を分散しやすい形状で、とても丈夫な構造になっています。


「二重」ハニカム構造という名の通り、このゲルで作られた六角柱からなる面を二つ重ねて、クッションを形成しています。
柔らかい素材を使いながらも非常に丈夫なのは、この構造のお陰なのでしょう。


ちなみに、この商品には一緒に洗濯用カバーが付いています。
商品が届いた際は、このように洗濯用カバーに入った状態で届きました。
洗濯用カバーとは書いてありますが、汚れ防止のために、カバーに入れたまま使用すればいいと思います。


ジッパーを開けると、このような感じに入っているのが分かります。
カバーには滑り止めが付いており、上から座ってもクッションが滑りにくいようになっています。
クッションの割れ目の上に座るようにすれば、お尻に圧が掛かりにくくなります。

感想

結論から言うと、とても満足のいく買い物でした。
今まで、低反発クッションや円形クッション、ゲル状の座布団型のクッションなどを試してきました。
しかしどのクッションも、上から座ることで、クッションがギュっと固まってしまい、座っていて柔らかいとはあまり感じませんでした。
おそらく平常時であれば、十分な柔らかさだったのかもしれませんが、何しろこちらは痔なのです。
(痔になるまで、普段、お尻にこんなに圧力がかかっているとは知りませんでした)
今回のこのクッションは、今までのどのクッションよりも柔らかく、快適に座ることができました。
自宅の椅子だけでなく、会社や車などにも置きたいと強く思う商品です。

一点気になったのは、寒い部屋に置いておくと、熱伝導が良いためか、少し冷たく感じる点です。
上に座ってしばらく経てば、体温ですぐ温まってくるため問題ありません。
冬などの時期は、最初だけ冷たく感じることもあると思います。
しかし、それ以外の点では不満はなく、求めていた柔らかさをようやく手に入れることができました。

腰痛や痔などは、座る姿勢や食生活なども強く関わってきます。
特に健康に問題がない人は、今すぐに買う必要はないと思います。
しかし今後健康を損なってしまい、柔らかいクッションが欲しいと思ったときには、参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました