リアル麻雀での成績をエクセルで管理するススメ

僕はネット麻雀をやることが多いのですが、社内や仲間内でリアル麻雀をやることもそこそこ多いです。
ネット麻雀では、成績のデータ収集や管理はほぼ自動的にやってくれます。
しかし、リアル麻雀だとそうはいかないですよね。
実際、記録するのは大変かもしれませんが、記録すると上達の助けとなります。
可能であればなら、スコアシートの回収や画像での保存などはやっておいたほうが良いです。


①記録すべき項目
②記録の仕方
③項目
④分析

LoggaWiggler / Pixabay



①記録すべき項目

僕の場合は、チップがある麻雀なので、チップでのプラス分と、スコアの数字だけをシンプルに記録しています。
現実的にこれらの項目以外の記載は難しいですし、面倒になると思います。


②記録の仕方

記録はエクセルのシート3つで管理しています。
データ入力用シート、トビ回数集計シート、成績詳細シートです。
エクセルが得意な人であれば、もっとスマートに作成できるのでしょうが、素人レベルで現状運用できてしまっているのでつたない作りです。


データ入力シートは、すべてのベースとなる、日付の記録とスコア・チップを手入力するシー
トです。
チップの集計は、「チップ」の列を利用して、SUMIFで集計しています。
通算成績は、単純にSUMで合計しているだけで、平均については、試合数をCOUNTIFで集計しています。

トビ回数集計シートについては、3万点返しのため、-29未満の個数をカウントしているだけです。

成績詳細については、一番大変なのは順位の集計です。
IFとRANK関数を使って、データ入力シートから集計しています。
横軸で見たとき、4つのスコアが入力されているわけでなので、それが何番目に大きいかというように換算し、順位数を表示しています。

同じスコアの場合は、記録用紙に順位をメモしておかないと、同率順位の人が発生してしまうので要注意です。
また、チップによる項目も表示されており、それも順位が表示されてしまうため手動で消します。

あとは、試合数・スコア・順位を加工しただけの色々な指標に過ぎません。
色々な数値を見てニヤニヤ出来るのも、記録係の特権です。



③項目
スコアとチップを記録しておくだけでも、これくらいの成績詳細は集計できるので、そこそこ使えるのではと思います。

項目は、自分好みに色々作成しましたが、やはり一番大事なのは、平均順位と、それぞれの順位の分布だと思います。


④分析

リアル麻雀で大事なのは、順位の分布です。

1位>2位>3位>4位の順になっていれば、正しい押し引きと状況判断が出来ているはずです。
1位と4位が多いのは、トップラス麻雀の傾向が強く、2位>1位>3位>4位だと、1位になれるところで勝負できていない可能性があります。

赤が多いルールや、トップのオカ・ウマが多いルールだと、どうしても押しが有利になり、トップラス麻雀の傾向が強くなるのは、仕方が無い部分ではあります。

しかし、そこで美しく1位>2位>3位>4位の逆ピラミッドが出来ていれば、かなり精密な判断が出来ていると思います。


麻雀成績管理シート

score_seat

使い方
・ダミーデータが入力されているため、その例にならって使用してください。
・「4人打ち」シートのプレイヤー名を入力
・「この下にスコア」「この下に日付入力」のところに入力していく
・チップありの場合は、チップの順位集計、トビ回数を削除する必要があるため、「成績詳細集計」「トビ回数算出用シート」で、チップの行を消す


麻雀ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク