おすすめカロリーゼロ飲料(砂糖不使用・人工甘味料使用)

先日書いた以下の記事より、
砂糖不使用の飲み物に結構はまっています。
参考

アセスルファムK(人工甘味料)と砂糖、どちらの害が大きいのか

その中でも書いたように、甘いものが好きだけどやめられないという人にとって、人工甘味料を使用したものは良い助けになると思っています。
(ちょうどタバコをやめようと決心した人が、まずは軽いタバコへ切り替えて、その後電子タバコとランクを落としていくように)
というわけで、僕が飲んでみて美味しかったものを紹介してみようと思います。

どれもAmazonでケース単位で購入し、合計で1年間ほどは飲み続けました。
その影響かどうかわかりませんが、2016年10月ごろは19%~20%ほどあった体脂肪率が、2017年8月現在、13%~13.5%ほどに落ちました。

体重は70kgくらいだったのが、現在は66kg前後です。
ただ、これは結婚して、野菜を多く食べるようになったり、夕飯の炭水化物(米)をごく少量にしたり、3月くらいから趣味の草野球の活動が始まったということも要因だと思いますが・・・

店頭で買うと重いですし、そもそも見かけない商品が多いので、Amazonで購入するのをオススメします。

①コカ・コーラ ゼロカフェイン(コカコーラ):ペットボトル
②大人のキリンレモン(キリン):ペットボトル
③ワンダ エクストラショット185g(アサヒ):缶コーヒー
④C.C.レモン リフレッシュゼロ(サントリー):ペットボトル
⑤ゼロカロリーのカルピスすっきり(カルピス):ペットボトル

①コカ・コーラ ゼロカフェイン(コカコーラ):ペットボトル
炭酸はあまり好きではないのですが、砂糖とカフェイン不使用ということで購入してみました。
炭酸飲料なので、500mlのペットボトルがオススメです。
量が多いと飲みきるまでに時間がかかり、炭酸が抜けてしまうからです。

ペプシネックスがあったころは、コーラではそれが一番好きでしたが、このコカコーラはかなりその味に肉薄しているのではないでしょうか。
昔のコカコーラゼロは全然甘くなく美味しくなかったのですが、これは人工甘味料のせいで普通のコーラと遜色ない味です。

炭酸飲料は、一気にたくさん飲めないのでダイエットにもオススメです。
炭酸でおなかが膨れる効果もあるので、擬似的な満腹感も得られます。
Amazonで500mlを1ケース24本購入したのですが、さすがに飲み終えることには飽きてきました。
大体、2ヶ月ちょっとかかりました。
僕は晩酌はしないのですが、ビールがわりにたまに夕食時に飲んでいました。
(2017年8月現在、500mlが1本当たり79円)


②大人のキリンレモン(キリン):ペットボトル

コカ・コーラゼロカフェインに飽きて、次に購入したのがこちら。
こちらも炭酸なので、500mlのペットボトルで買うのがいいと思います。
コカコーラよりも爽やかで、レモンの酸味がある分、飲みやすいです。
夏場は特に、飽きが来ないすっぱい味でオススメです。

名前の通り甘すぎないので、アルコール抜きのレモンチューハイのように飲めます。
こちらは1ヶ月ほどで24本飲みきることができました。
1本あたり100円と、コーラよりは少し高いですが些細なものです。
ビタミンCも摂れるので、コーラよりオススメです。

③ワンダ エクストラショット185g(アサヒ):缶コーヒー
僕は微糖くらいの甘さのコーヒーが好きなため、最終的に行き着いたのがこのコーヒーです。
仕事中、食事後などに自動販売機で買うくらいなら、糖類ゼロのものを箱買いしてもいいかと思い、購入したのがこれです。
普通の微糖コーヒーと遜色ない味ですが、さすがに毎日飲んでいると飽きてきます。
ただ、Amazonで一番安いものは、1本当たり50円で購入できるときもあるので、経済的なのは間違いありません。


④C.C.レモン リフレッシュゼロ(サントリー):ペットボトル

上記の「大人のキリンレモン」より、ジャンキーな味が好みの場合はこちらのCCレモンもオススメです。
こちらの方が、より嗜好品っぽい味がするので、大人のキリンレモンでは物足りないひとはこちらがオススメです。

⑤ゼロカロリーのカルピスすっきり(カルピス):ペットボトル
炭酸が苦手な方には、こちらのカルピスをオススメします。
普通のカルピスよりすっきりした甘さで、僕はこちらの方がくどくなくて好きです。

炭酸が入っているわけではないので、1.5Lのペットボトルの方が、圧倒的にお買い得です。

店頭ではあまり見かけないので、Amazonで購入するのがオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク