アセスルファムK(人工甘味料)と砂糖、どちらが体に悪いのか

最近、カロリーゼロの飲み物を、街中でよく見かけます。
その多くは人工甘味料が使われており、原材料を見ると「アセスルファムK」の文字があります。
昔、人工甘味料と言えば、ステビアなどが多かったのですが、現在はアセスルファムKが多いです。
このアセスルファムKですが、体に害があるのかどうか、気になるところではあります。
僕の出した結論は「害はあるかもしれないが、砂糖よりはマシ」というものです。
結論はここに書いたので、以下はただの蛇足です。

なぜカロリーゼロのものを選ぶようになったか

そもそも、この物質について、詳しく調べようと思ったきっかけは、箱買いする飲み物を選定する際に、気に入った飲み物にこれが含まれており、気になったからです。

ご存知の通り、市販の砂糖入りの飲み物は、角砂糖に換算すると恐ろしいほどの量が入っています。
僕は甘いものが好きなので、仕事中など甘い飲み物を買うのですが、このカロリー(=糖分)が馬鹿になりません。
毎日飲み続けていると、カロリーも高まりますし、体脂肪率の上昇、糖尿病、虫歯などのリスクも高まります。
でも、甘いものは飲みたい・・・
ならば、人工甘味料のものを飲めばいいじゃないか、という考えに行き着きました。

アセスルファムKの危険性

カロリーゼロなのに甘いものは、大抵この物質が入っています。
もともとはアメリカで認可され始めた甘味料のようですが、ネットで調べてみてびっくりしました。
発がん性物質だの、危険な有毒物質だの、色々と書いてあります。
しかしどの記述を見ても、客観性に欠ける意見が多く、具体的なデータに基づいた危険性を表す見解はありませんでした。

ラットに対する実験も、半数致死量を出すための実験ですし、その実験でラットが死ぬのは当たり前です。
もっと言うなら、塩や砂糖の方が半数致死量はずっと少ないです。

砂糖との比較

では、砂糖と危険性について比べたときはどうでしょうか。
結局、砂糖が原因で起きる疾患などは、ご存知の通り広く知られており、根拠に基づいた主張がなされています。
糖分を控えましょうという標語はよく聞きますが、アセスルファムKを控えましょうという言葉は聞きません。

現在、アセスルファムKが原因で起きた健康被害というものは、見つけられませんでした。
一因にはなっているものはあるかもしれませんが、それではこの物質だけを悪者にはできません。

糖尿病をはじめとして、砂糖を取りすぎると良くないという話は、もはや常識になっています。
しかしそれでも甘いものを食べたい人にとっては、ストレス無く糖分を抑えられる素晴らしいものではないか、とも思います。

まだ明らかになっていないものへの態度

確かに今後の研究によっては、この物質が非常に危険なものと証明され、使用に制限がかかるかもしれません。
しかし、将来の危険性込みで考えるのであれば、現段階では砂糖の方がずっと危険だと感じます。
人間、未知のものに対しては非常に警戒し、デマや流言を信じてしまう傾向にあります。
そういうときこそ、自分の頭で考えて、判断すべきではないかと思います。
僕が将来これが原因で何か病気になったとしても、今の時点の情報で自分なりに最善の判断をしているなら、仕方ないかなと思います。

なんだか説教くさい記事になってしまいましたが、自分で考えて決定したことなら、それで起きた不利益も素直に受け入れられるかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする