雀魂牌譜屋で指定期間の成績を比較・分析する

麻雀
この記事は約4分で読めます。

前書き


ネット麻雀「雀魂」(じゃんたま)では、ゲーム内で表示されるプレイヤーの成績表があります。
各順位の割合や、和了率や放縦率などを確認することができます。
対戦中でも、相手の成績を確認することが可能なので、成績から打ち筋を推測する「スタッツ読み」という手法もあるようです。

ただ、雀魂公式の成績画面では、「銀の間」や「金の間」の成績が含まれてしまっています。
現在メインで戦っている「玉の間」だけの成績を見ることができないので、成績の分析がしづらく不満でした。

しかし、外部の非公式サイトで「雀魂牌譜屋」というサイトがあるということを知りました。
このサイトを利用すると、様々な条件で成績を抽出することができます。

雀魂牌譜屋とは

雀魂牌譜屋にアクセスすると、プレイヤー名を入力することが求められます。
名前を入力することで、検索に引っかかったプレイヤー名が表示され、クリックすれば成績を見ることができます。
自分だけでなく、雀魂でプレイする全てのプレイヤーの成績を簡単に参照することができます。

雀魂牌譜屋の利点

ざっと見るだけでも、公式の成績よりも充実したデータを確認することができます。
同じ立直でも、どのようなシチュエーションのリーチだったのかなどを知ることができます。
また「安定段位」という項目では、今の成績がずっと続いた場合に、どの段位に落ち着くか表示されます(ただし、対戦数が少ない場合は、簡単に変動してしまうので注意しましょう)。

さらに、「金の間」や「玉の間」だけの成績抽出を行うことができます。
金の間と玉の間では対戦相手のレベルがかなり異なるため、成績が別物になってしまいます。
そういう意味では、より厳しい場である玉の間だけの成績を抽出することで、現在の成績を把握するのに役立ちます。
「幸運度」や「よく同卓する相手」という項目も、なかなか興味深いデータです。
ただし「天鳳」の方が、牌譜から分析できる情報量が圧倒的に多いため、より本気で上達したい人は、雀魂より天鳳をプレイする方がいいと思います。

もっとも役に立つ機能は、指定期間の成績だけを抽出する機能についてでしょう。
指定期間の成績を抽出できるということは、打ち方や判断を変えて打つ際に、成績がどのように変化しているかを追うことができます。

例えば、「現在、副露率が30%で少なめだから、35%を目標にして積極的に鳴いてみよう」と、新たな打ち方を試してみる場合です。
新たな打ち方を始める以前と以降の成績を比較することで、目標に達しているかを検証することができます。
また、目標通り35%になったことで、他の項目がどのように変化しているかを分析することも可能です。
戦術本などを読んで、新たな考え方を取り入れる際などは、こうしたやり方で検証していくと良いと思います。

注意すべき点

ただし、短い期間の成績で一喜一憂することには注意が必要です。
麻雀の成績は、数百試合程度の対戦数では、簡単に上下してしまいます。
そのため、打ち方を変更して本当に成績が向上しているかどうかを、すぐに判断することはやめましょう。
指定期間範囲の成績抽出は、前述したような「副露率〇〇%を目指す」「放縦率〇〇%を目指す」というような目的の達成度確認のツールとして使うのが良いでしょう。

しかし、これらの数値は個別にどれだけあれば強いというものではなく、他の数値とのバランスが重要なものです。
「放縦率○○%以下は凄い」などと一律に言えるわけではありませんので、その点は心に留めておきましょう。

終わりに

「雀魂牌譜屋」による指定期間の成績分析についての紹介でした。
上達のためのツールとして、ゲーム内の成績よりは使い勝手が良いと思いますので、活用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました