お笑い好きにオススメの漫画 「べしゃり暮らし」(森田まさのり)感想

この記事は約2分で読めます。

森田まさのりの「べしゃり暮らし」全19巻を読み終えましたので、その感想を書きます。
ネタバレはしないように書くのは苦手ですが、頑張ります。

結論としては、かなり面白かったです。
少々ご都合主義で漫画的な展開はありますが、涙あり、笑いあり、努力ありの良い漫画です。

登場人物について

登場人物一人ひとり丁寧に掘り下げられており、序盤に少しだけ登場した人物でも後半で掘り下げて書かれるなどして感情移入を誘います。
100%すべてが嫌なキャラクターというのは存在せず、みんなどこかしら良いところ・悪いところがあります。
そういう意味で全員に人間味があり、愛着が湧いていきます。

内容について

お笑い業界の内側のことはわかりませんが、作者本人が綿密に取材をしてきただけあり、説得力のある内容になっています。
お笑いを題材にしているものの展開自体は王道でとても読みやすく、単純に漫画としてシンプルにワクワクして面白いです。
「才能のある主人公が謎の転校生と共に旅立ち、仲間と共に成長していき次のステージを目指す」という、王道のエッセンスが凝縮されています。

さらに要所要所で涙を誘う展開があり、僕もかなり涙をこぼしてしまうシーンが多かったです。
「涙」と「笑い」のコントラストが、とても見事な作品構成になっています。

その他

絵はろくでなしブルースや、ROOKIESなどと同じ作者のいつもの絵柄です。
絵だけでこの作者だとわかるのは、間違いなく一流だなと思います。
劇画調のリアルタッチだからこそ、絵ではなく中身で笑わせているということがはっきりと分かります。

展開的には少々ご都合主義な部分を感じてしまいますが、ストーリーとしては王道なのでストレスは感じませんでした。
主人公が壁にぶつかっているときに他の登場人物も何か別の問題に直面し、主人公がそれを見ることで自分自身を客観的に見ることができ、自分自身も成長していくというパターンです。
「ご都合主義」と書くと言い方は悪いですが、漫画としては必要な部分です。

べしゃり暮らし 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

そのほか、本ブログで紹介している漫画の記事をまとめたページはこちらです。
本ブログで紹介している漫画系の記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました