天鳳で連続ラスを引いたときに冷静になるための言葉

ネット麻雀「天鳳」では、段位が上がれば上がるほど、ラス(4位)になったときのマイナスポイントが大きくなっていきます。

6段で一度4位をとった場合、1位と2位を1回ずつとっても、カバーできないくらいのマイナスを負わされます。

麻雀では、連続トップもあれば連続ラスもあります。
一度4位をとっただけでも精神的にキツイのに、2回3回と連続でとってしまったときは、かなり精神的ダメージを負います。
今回は、4位をとってしまったときに、冷静さを取り戻す言葉をいくつか書いていこうと思います。

そのほか、麻雀に関する記事のまとめページです。
麻雀上達・技術・メンタル・天鳳などに関する記事のまとめ

最善を尽くしても、最善の結果が出るとは限らない

麻雀は、正着と思われる打ち方をしても、それが必ず報われるとは限りません。

たとえ親で3面待ちのダブルリーチを打ったとしても、ゴミのような追っかけリーチに一発で振り込むなんてこともあります。


しかし、どのような結果が出たとしても、正しい判断は正しい判断です。

(「正しい」の定義としては、得点期待値が高いという意味です)

いくらそのような振り込み方をしたとしても、100回同じ場面があれば100回とも同じリーチをするでしょう。


大事なのは、正しい判断をしたのに、結果が悪かったからといって打ち方を変えてしまえば、ますます悪い結果が出るということです。

悪い結果が出たとき、良い結果が出たときにこそ牌譜を見直し、本当に正しかったのか検証すべきです。

連続でラスを引くこともあれば、連続トップを引くこともある

麻雀で取る順位には、偏りが必ずあります。
4位→4位と来たからと言って、次に1位や2位が取りやすくなるわけではありません。
4位→4位とくれば、また4位の可能性はあります。
しかし、そんなときにこそ、その逆もあるのだと思って欲しいです。

一番良くないのは、連続4位ということで落ち込み、普段と違う打ち方になってしまうことです。

麻雀も野球と一緒で、フォームというものがあります。
インハイばっかり攻められたからといって、インハイの練習ばかりして、他のコースが打てなくなってしまっては元も子もありません。

連続で振り込んでしまったからといって、必要以上にオリ続ける必要はありません。

たかがネット麻雀、死ぬわけではない

とはいえ、負けが込むと、どうしてもイライラしたり、絶望的な気持ちになってしまうこともあると思います。
しかし所詮、ただの娯楽です。

天鳳でいくら負けたとしても、実際に負け分のお金を取られるわけではありません。
あなたの年収が下がるわけでもありませんし、あなたの良い所が失われるわけではありません。

気持ちが乗らないときは、とにかく麻雀から離れましょう。

ここまで麻雀を続けてきたのですから、しばらく離れていれば、また打ちたくなるはずです。

そのときはまた、通常通りのメンタルを取り戻していると思いますので、気持ちをリフレッシュしてやりましょう。

メンタル力の最大値を鍛えるチャンス!

だんだん麻雀に限ったことではなくなってきますが、辛い状態のときこそ、自分のメンタル力を成長させるチャンスです。

麻雀に神のような存在がいるのだとしたら、今、自分はそいつに試されているのだと思ってください。


天鳳のトッププレーヤーたちも、このような経験は腐るほど乗り越え、耐えてきているはずです。

彼らになりきったつもりで、クールに「ははぁ、そうきたか」とつぶやいて受け流しましょう。

昨日の悔しさと同じように、今日の悔しさも明日になれば忘れている

自己啓発じみてきましたが、この言葉の通りです。
連続ラスを引くのは初めてですか?
以前にも経験ありますよね。
そのときの悔しさというのは、もうだいぶ薄れているのではないでしょうか。

それと同じで、今感じているこの感情も、明日になれば大分薄れています。


ひとまず今日は、別のことを考えて睡眠をとるのが一番です。
麻雀で勝つためには、十分な睡眠と休息が必要です。

いかがでしょうか。
僕が連続でラスをとったときに、心の平衡を保っている言葉群を色々書いてみました。
麻雀以外にも当てはまる言葉だと思いますので、使えそうなものがあれば、思い出して使ってみてください。

そのほか、麻雀に関する記事のまとめページです。
麻雀上達・技術・メンタル・天鳳などに関する記事のまとめ



麻雀ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする