大逆転裁判(スマホ版)評価と感想 満足なシステムと未回収の伏線

「逆転裁判」シリーズでも最新シリーズである「大逆転裁判」についての記事です。
3DSで発売された当初は購入しませんでしたが、スマホアプリ版がリリースされたので、購入してみることにしました。

こういうアドベンチャーゲーム系は、本体が必要なゲームソフトよりも、いつでもどこでも本を読むようにプレイできるスマホ版が好きです。

以前「逆転検事」のスマホアプリ版が出たときも、スマホにてプレイしましたが、本体の違いによる不満は感じませんでした。

それもあり、今回も購入してみようという気持ちになりました。

スマホ版「逆転検事」をオススメする理由

Activedia / Pixabay



進化したグラフィックとシステム

プレイして、まずわかりやすい進化だったのはグラフィックです。
キャラクターが立体的になり、かなり存在感が増しています。
今までの作品も、ただでさえ個性的なキャラ揃いでしたが、キャラクターのジェスチャーに動きが加わることにより、ゲーム内の舞台に奥行きを感じました。

システム面は、今までのシリーズをベースに、マンネリ化しないように新しいパターンが増えました。
探偵パートでは、新キャラクターのシャーロック・ホームズと共に、容疑者の謎を見破っていく「論理と推理の実験劇場」などは面白かったです。
3D化したグラフィックが謎解きにうまく生かされており、名探偵の推理を成歩堂が修正し、正しい推理に導いていきます。

法廷パートでも、いくつか新しいパターンが増えています。
もちろんベースは、今までの「ゆさぶる」→「つきつける」がメインです。
そのほかに、ゆさぶり中に他の証人が反応を示し、その人を問い詰めて証言を引き出すシステムが増えました。
また、陪審員の矛盾した発言どうしをぶつけて、評決を変えさせるモードもあります。

とは言え「証言と矛盾している証拠品をつきつける」という基本的な部分は変わっていません。
シリーズ経験者でも、未経験者でも、十分安心して楽しめるシステムになっていると言えます。
矛盾を突いて、推理を展開させていく部分は、何作目でも変わることのない快感を与えてくれます。

個人的には、僕は文章をさっさと読み進めていきたいタイプなのですが、未読メッセージの表示スピードが固定であるため、少しストレスを感じました。
しかし、メッセージの内容と、キャラクターのモーションが連動した演出になっているため、そこは仕方ないのかなとも思います。


魅力的なシナリオ展開

いつも通り、被告人に非常に不利な状況から始まる事件ばかりです。
その絶望的な状況から、道を切り拓いて行く展開は、読み物として純粋に面白です。

新たなシリーズなので、前作と言うものが存在せず、シンプルにこの作品に集中できる内容でした。

シリーズものの続編だと、前作などをプレイしていないと分からない内容があったりしますが、この作品ではそういうことはありませんでした。
旧作ネタは、シリーズのファンは喜びますが、新規プレイ者は疎外感を感じることがありますので、それが多すぎる作品はあまり好きではありません。

ボリュームもかなりあり、クリア時間は合計20時間ほどかかったのではないかと思います。






残念だった点や感想など(ネタバレあり)

さて、オススメする内容を書いて来ましたが、不満に思った点もあります。

具体的には、伏線が多く張られていましたが、この作品中では解決しない伏線が多かったことです。
例えば、第1話の犯人の動機、アイリスの父親、機密通信の4つの名前など、思わせぶりながら、この作品内では明かされません。
「大逆転裁判2」では、明かされるらしいのですが、この作品内で解決されていないのは、少し不満です。

また、第2話と第3話の真相が、偶然が重なった事故なので、拍子抜けをしてしまいました。
事故が全て駄目なわけではありませんが、2つもそういった内容が続くと、少し興ざめです。

ほかに、陪審員が見覚えのある人ばかりで、しかも事件に関わりがあったりする人物が多く、少しご都合主義過ぎるようにも感じました。
しかしこれは、キャラクターを使い捨てるよりは愛着が持てるので、ゲーム的にはアリだなと思っています。

あと最終話で、ジーナが質屋の銃を握って気絶していた理由も、なんだか曖昧にされていて釈然としません。
真犯人がジーナに握らせたものだと思っていたのですが、鍵の関係で、それもあり得なさそうですし。
何かうまい解釈があるのでしょうか。

不満ばかりでなく、ほろりとしてしまった場面もあります。
最後の話で、クログレイが父親に仕事を依頼しに行く回想は、心に残った場面です。
クログレイの父親が、自分にも仕事を手伝わせて欲しいと提案した理由は、メグンダルに、息子を危ない仕事に関わらせないで欲しいと言いたかったから、だと勝手に思ってます。





まとめ

以上、「大逆転裁判」スマホ版をプレイした評価と感想でした。
とりあえずはプレイしてみて損はない内容だと思いました。
以前から気になっている人は、この機会に是非プレイしていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク