「Heartium」ハーチウム (フリーSRPG)紹介・感想

ゲーム
この記事は約4分で読めます。

今回は、フリーのPC用ゲーム「Heartium」(ハーチウム)を紹介しようと思います。
別の記事では「グレイメルカ」というかなり骨太なゲームを紹介したのですが、この「Heartium」もかなりボリュームがあります。
「グレイメルカ」の紹介記事はこちら

「Heartium」はこんな人におススメです。
・歯応えのある長編SRPGをプレイしたい人
・ストーリーとキャラクターに魅力のあるSRPGをプレイしたい人
・仲間ユニットを取捨選択せずに、全員しっかりと使いたい人
ダウンロードはこちらから(「ふりーむ!」作品紹介ページ)
Heartium(ハーチウム)
同じ作者の別のSRPGのページはこちらから
新説魔法少女 感想と攻略(シミュレーションRPG)

ゲーム概要


ゲームとしては、オーソドックスなシミュレーションRPGです。
自分の場合、クリア時間は約30時間でした。

システムとして、特別変わった特徴があるわけではありません。
それでもこれほど熱中できたのは、ストーリーやキャラクター、そしてゲームバランスといった基本的な部分の質が、とても高かったからだと思います。

難易度は選択不能で、大体としては中~中の上くらいの難易度だと感じました。
後半になるにつれ、段々と歯ごたえが出てきます。
出撃ユニットは基本全員出撃なので、万遍なく育てて活用していくことが大事になってきます。

もちろん強いユニット、そうでもないユニットはいます。
普通くらいのユニットをどのように生かしていくか、そこがプレイヤーの腕の見せ所になると思います。
ユニットのステータス限界値はそこそこ抑えられているので、個の力では攻略は難しいです。
敵キャラも同様で、敵国最強の戦士クラスでも、多勢に対しては劣勢になるあたり、リアルでよかったです。

また、頑張れば倒せる強敵というのも多く存在し、やりこみユーザーでも満足できる内容となっています。
無理して倒す必要はありませんが、倒すとご褒美がもらえたりするので、挑戦する価値はあると思います。
ちなみに味方が倒されてもキャラロストしないので、時には捨て駒にする判断も必要になるかもしれません。

各ステージ、マンネリ化しないように、特徴のあるステージが多いです。
初期のスパロボなどは、後半のステージはほとんど「敵を倒す→増援→敵を倒す→増援」の繰り返しでした。
攻略法もワンパターンになってきますし、苦痛も多かったです。
しかしHeartiumは、しっかりとストーリーや状況が練られており、それに合わせたマップでイベントが作りこんであるため、飽きにくい作りになっています。

物語が進むと戦闘が大規模になり、味方NPCも増えてきます。
そうなってくると、NPCとも連携を考えながらの攻略が必要になってきます。
大きな戦闘に、自分も参加しているという感覚がしっかりと感じられ、良かったと思います。

感想(ネタバレ無し)


作者が、今までに色々とゲームを作っているだけあって、ストーリーやキャラクターが生き生きとしているなぁと感じました。
ご都合主義の作品で見受けられるような「敵キャラの頭が悪い」とか「味方に都合のいいことばかり起きる」という印象はありません。
敵も含めて登場人物一人ひとりが良く考えて、それぞれ最善を選んで動いているという印象を受けます。

また、1話限定のモブキャラかな?と思っても、思わぬ役どころで再登場したりします。
そのほか、名無しのNPCでも、生きたセリフを喋っているという印象です。

名前がないNPCでも、やたら強いキャラクターがいたりして、エース○○という名前がついてたりします。
その部隊のエースなんだなと思い、色々と想像を掻き立てられます。

キャラクターは、女性が多めですが、華やかなので良いと思います。
ゆるい場面ではギャグパートもありますし、緊張感がある場面では、シリアスなのでメリハリがあります。
可愛らしい絵柄とは裏腹に、ストーリーは基本的にはシリアス路線です。

まとめ

総評としては、誰にでもオススメできる、シミュレーションRPGです。
何かが際立って凄いというよりも、すべて丁寧に作られて遊びやすい作品だと思います。

30章ステージほどのボリュームがあり歯ごたえも十分です。
ぜひじっくりとプレイして欲しいです。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ
ゲーム
ひとりアウトプット広場
タイトルとURLをコピーしました