「Heartium」ハーチウム 紹介・評価・感想(SRPG Studio製フリーゲーム・シミュレーションRPG)

今回は、フリーのPC用ゲーム「Heartium」(ハーチウム)を紹介しようと思います。
フリーのSRPGで、オススメできるゲームというのは少ないのですが、このソフトはオススメできる貴重な作品です。
別の記事では「グレイメルカ」というかなり骨太なゲームを紹介したのですが、このゲームもかなりボリュームがあります。
「グレイメルカ」の紹介記事はこちら

目次

①フリーのシミュレーションRPGの状況
②ゲームとしての特徴
③ストーリーや登場人物の魅力
④まとめ

①フリーのシミュレーションRPGの状況

さて、そもそもSRPGを作成するソフトは、PC黎明期からそれほど多くなく、シミュレーションRPGツクールというソフトがあるくらいでした。
スパロボ風のSRPGを作るソフトも登場したりしたのですが、ソフトの数は多くありませんでした。
そのため、多くのフリーソフトは、自作プログラムで作っていたりしたのです。
(前述したグレイメルカもそうです)
しかし、つい最近「SRPG Studio」という作成ツールが登場し、誰でも手軽にファイアーエムブレムのようなゲームが作れるようになりました。
グラフィック、インターフェースなどもそこそこキレイで、「こういうソフトを待っていた!」と言わんばかりに、作品が多く作られました。
この「Heartium」は、そんな中作られた「SRPG Studio」作品の金字塔となりそうな作品だと思います。
目次にもどる

②ゲームとしての特徴

難易度としては中くらいですが、歯ごたえはあります。
また、頑張れば倒せる敵というのも多く存在し、やりこみユーザーでも満足できる内容となっています。
各ステージ、マンネリ化しないように、それなりに特徴のあるステージが多いです。
初期の某スパロボなどは、後半のステージはほとんど「敵を倒す→増援→敵を倒す→増援」の繰り返しでした。
攻略法もワンパターンになってきますし、苦痛も多かったです。
Heartiumは、しっかりとストーリーや状況が練られており、それに合わせたマップでイベントが作りこんであるため、プレイしていて楽しかったです。
ゲームシステム的には、物足りなさは感じず快適でした。
物語が進み、戦闘が大規模になるにつれ、NPCも増え、大きな戦闘に自分が参加しているという感覚がしっかりと感じられます。
基本的には、出撃メンバーを選んだりはしないので、みんな育てて損はないというのが嬉しいところです。
各キャラクター、すべて特徴があり、捨てキャラが(あまり)いません。
また、飛びぬけて強いキャラがいるわけではないので、(あまり)無双できません。
敵キャラも同様で、敵国最強の戦士クラスでも、大勢の力に対して劣勢になるあたりはリアルでよかったです。

③ストーリーや登場人物の魅力

作者の方が、今までに色々とゲームを作っているだけあって、ストーリーやキャラクターはかなりしっかりしていました。
特にキャラクターは、丁寧に掘り下げられており、非常に好感が持てます。
よく、ご都合主義のストーリーで見るような「敵キャラの頭が悪い」とか「味方に都合のいい展開ばかり」などの印象は受けませんでした。
敵も含めて登場人物一人ひとりが良く考えて、それぞれ最善を選んで動いているという印象を受けます。
また、1話限定のモブキャラかな?と思っても、思わぬ役どころで再登場したりします。
そのほか、名無しのNPCでも、生きたセリフを喋っているという印象です。
名前がないNPCでも、やたら強いキャラクターがいたりして、エース○○という名前がついてたりします。
その部隊のエースなんだなと思い、色々と想像を掻き立てられます。
キャラクターは、少々女性が多い気がしますが、華やかなので良いと思います。
ゆるい場面ではゆるいですし、緊張感がある場面では、しっかりしているのでメリハリがあります。
ともかく、一人ひとりキャラが立っており、魅力があります。
目次にもどる

④まとめ

総評としては、誰にでもオススメできる、シミュレーションRPGです。

特別に際立った点はありませんが、すべて丁寧に作られて遊びやすい作品だと思います。

30章ステージほどのボリュームがあり、歯ごたえがあるため、ぜひじっくりとプレイして欲しいです。
目次にもどる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク