麻雀で強くなるには 前置き(初心者向け)

麻雀
この記事は約2分で読めます。

突然ですが、私は麻雀が好きです。
私が麻雀が好きな理由の一つは、「自分の努力しだいで、必ず上達すること」だからです。
「そんなの世の中の大抵のことがそうだ」と思った人もいると思います。

好きな理由の二つ目を言います。
それは、「1試合単位では強さの差が表れにくいが、長い目で見ると差がはっきりする」という点です。
なぜそういうのが好きかというと、短期間では差がはっきりしないところが性分にあっているからです。
将棋やチェス、囲碁などの「完全情報ゲーム」と違って、麻雀は「不完全情報ゲーム」です。
自分がすべて最善手を打っても、なお負けることがあるのが麻雀です。

逆に、麻雀は適当に打っても格上に勝てることがあります。
それが麻雀の魅力でもあり、難しいところでもあります。
麻雀の上手い人は、毎試合勝っているわけではないのですが、トータルでは不思議とプラスになっています。

では、強くなるにはどうしたら良いのでしょうか。
これはもう、自分でコントロールできるところを鍛えていくしかありません。
相手が何を捨てるか、配牌がどうなるかという点は、努力ではどうにもならない部分です。

では次に、具体的に自分でコントロールできるところはどこかというと、以下の部分です。
①押し引き判断
②オリの技術
③鳴きの技術
(④牌効率)
④牌効率は一番勉強しやすいものの、基本的な部分さえ押さえていれば、とりあえず後回しにしてしまっても構わない部分です。
勝ち負けに直結するのは、①・②が大きく、次に③です。
まずはこの①・②を鍛えることが大事です。

麻雀の強さを定量的に示すのは難しいのですが、今は便利なサイトがあります。
僕がよく使っているのは「天鳳」というネット麻雀です。

独特の段位システムと、成績集計、そして牌譜閲覧の機能が特徴のサイトです。
本当に凄く強い人たちがゴロゴロいるサイトなのですが、私はそこで7段にいます(2019年11月時点)。

正直、自分よりもっと凄い人達がネット上にはうじゃうじゃいるので、この段位ではまだまだ自慢にはならないです。
ただ言いたいのは、最初は二段になるのすら難しかった自分が7段まで昇段できたのは、努力した結果であるということです。
僕は平凡な人間ですが、どのようにして成績を向上させていったか、少しずつ記事にして書いていこうと思います。

麻雀で強くなるには、回数をこなすことと、成績の検証が必要です。
ぜひ天鳳には登録して、練習できる環境を整えておくことをオススメします。
基本無料でできるので、興味があればやってみてください。

麻雀に関する記事のまとめページです。
麻雀上達・技術・メンタル・天鳳などに関する記事のまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました