「大人のキリンレモン」の箱買いを推奨する理由

さて、今回はキリン「大人のキリンレモン」について、
オススメする記事を書きます。
カロリーゼロ・糖質ゼロと、美味しさを両立させた、
幅広い人に勧められる飲み物だと思います。

今回、Amazonで、2回目の箱買いをしてしまったため、
魅力を感じた部分を説明します。


①価格について
②基本的なスペック・成分表
③感想


①価格について

まず、2017年10月現在、Amazonでの価格は以下の通りです。

・1500ml 8本1,685円 (1本211円)
・500ml 24本2,378円 (1本99円)

両方ともペットボトルの箱買いですが、
それなりの本数なので、1本あたりの価格は安いです。
また、家まで届けてくれるわけですので、

手間、買いに行く時間を考慮すると、十分お得だと思います。


炭酸がしっかり効いている状態で飲みきりたいというひとは、
500mlのペットボトルのタイプがオススメです。
純粋にコストパフォーマンスで考えるなら、
1500mlの方がお得です。


②基本的なスペック・成分表

・商品説明(公式ホームページより抜粋)
「果汁に皮を砕いたクラッシュレモンを新たに加えることで、
レモンをカットしたときのような芳醇な香りと果汁感がさらにアップ。
レモンのおいしさにとことんこだわることで実現した大人が満足できるおいしさと、
カロリーゼロを両立しています。」
・原材料名
レモン果汁、レモンピールペースト、
水溶性食物繊維/酸味料、香料、ビタミンC、

甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

以上のような内容です。

カロリー・糖質がゼロというのはありがたいところです。

人工甘味料がどうしても気になるという方には、
オススメできません。
人工甘味料についての僕の考え方としては、
別の記事で書いています。

アセスルファムK(人工甘味料)と砂糖、どちらの害が大きいのか



③感想

味に関してですが、「大人の」とついているように、
甘すぎないところが嬉しいです。
例えるなら、アルコールの入っていないレモンチューハイのように飲めます。

ただ、炭酸が抜けてきたり、ぬるくなってくると、
人工甘味料独特の苦味が多少感じられるようになってくるので、
そこは注意が必要です。
ですが、カロリーゼロのCCレモンなどと比べると、
甘すぎず、レモンの自然な甘みがあるため、
毎日飲んでも、飽きにくいと思います。

ダイエット中の人にも、普通の人にもオススメできます。
お酒を割るのにも、なかなか重宝すると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク