ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団(Vita)感想③ 隠しダンジョン突入まで

この記事は約3分で読めます。

購入してからちょうど1ヶ月ほどになる、「ルフランの地下迷宮と魔女の旅団」ですが、ついにノーマルエンドを迎えることができました。

現在は、隠しダンジョンに突入し、そこを攻略中です。
2回目の記事では、ウンブラを攻略した辺りでしたが、今回は一気にクリアまでいきました。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ

 

 

 

戦闘について

戦闘については、ほとんどマージナルメイズがダメージの中心です。
消費は激しいですが大魔撃師の結魂書や、泥師の結魂書をマージナルメイズで固めれば、雑魚敵は一掃できます。

記憶のロサテンプスで、白薔薇の結魂書を手に入れたら、全員マージナルメイズで固めましょう。
さらに、ドナム防御陣形をとって後衛に配置すれば、さらに火力がアップします。
これにより、雑魚戦もボス戦も非常に楽になります。

カヴンについて

基本、アタッカー人数が多いほうが有利ですが、強力なドナムが使える結魂書は、アタッカーが限定されていることが多いです。

しかしそれでも、ドナム中心にカヴン編成したほうが良さそうです。

そしてピアフォートレスで編成された壁役、攻撃系ドナム役、回復系ドナム役は1カヴンずつ必須だと思います。

壁役が防御陣を使うことで、それ以外のメンバーをかばってくれる確率が高くなります。
あと2枠はサポート系、物理攻撃系、回復系、攻撃系など、臨機応変に編成しましょう。

雑魚戦では、回復系は必要ないと思います。

極端な編成で言うなら、ピアフォオンリーが2カヴン、マージナルメイズオンリーが3カヴンあれば、完全に事足ります。
しかし、それでは味気ないのかもしれません。

ラスボスについて

大賢者の結魂書の入手が前提になりますが、一応、勝利することができました。
攻撃はかなり激しいため、こちらも負けじと、マージナルメイズのみで構成された白薔薇カヴンで燃やし続けました。

また、回復役はひたすら回復をし続けることで、なんとかギリギリ勝てました。
魂移しを行っていないため、アニマクラリティが一桁のメンバーばかりでした。
もっとこまめにやっていれば、楽に勝てたのかもしれません。

その他隠しボスについて

D・E・マキーナ、ペコロ、大帝ジュノーン、デボンは、ピアフォで守りつつ、マージナルメイズで焼いていれば倒せます。
しかし、大魔王フュルフュールとアシキモノは、そうは行きません。

フュルフュールは、弱体化のマギアで耐性が下がるのを5~6回待ってから、一気に畳み掛けましょう。
ピンチ時の攻撃は、全体の即死攻撃などかなり激しいため、どんどん生き返らせるようにしましょう。
どうせすぐ死んでしまうので、全快にする必要は無く、生きてさえいればOKです。


アシキモノは、フュルフュールを撃破後、パンデモニウムで撃破するのがお勧めです。

物理攻撃さえ気をつけて、しっかり身を守っていれば、それほど怖い相手ではありません。

これらの隠しボスで、どうしてもきついボスがいれば、難易度を「やさしい」に変えると、大分楽に戦えます。

EXダンジョン攻略中

現在、エクストラダンジョンを攻略中です。
ストーリー自体、トゥルールートとでも呼ぶべき内容なので、なかなか面白いです。

しかし、戦闘・探索自体は、ほとんどマージナルメイズのドナムでケリがつくので、正直マンネリ気味ではあります。

とはいえ、もうすぐ完全クリアになるので、そこまでは頑張ってみようと思っています。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ
タイトルとURLをコピーしました