旋風の逆転劇(フリー・SRPG)紹介・感想・攻略メモ

ゲーム
この記事は約5分で読めます。

最近、シミュレーションRPGをしばらくプレイしていませんでした。
そんな中、変わった作品が公開されていたので、興味が出てきてプレイしてしまいました。
舞台となるのはオーソドックスな王道シナリオですが、独特なのは、プレイヤー側が悪の皇帝という点です。
新鮮なプレイ感がありましたので、紹介したいと思います。
難易度は3段階ありますが、初回プレイでは真ん中の難易度を選び、1プレイ30分ほどでクリアできました。

ダウンロードはこちら

ふりーむ!

フリーゲーム夢現

ゲーム概要


ゲームとしては、非常にシンプルなSRPGです。
マップ数は1つのみで、難易度を3段階から選ぶことができます。
通常のSRPGとは異なり、いきなり「終章」の最終決戦から始まります。

プレイヤーは、これまで戦い抜いてきたルイス王子率いる精鋭兵に対して、主に物量で戦うことが求められます。
王子の軍は12人に対し、帝国軍であるこちらは50人です。
ただし、王子軍は1体1体が強く、中途半端にダメージを与えるだけでは、すぐに回復されてしまいます。
ある程度の犠牲を覚悟して、1体に集中攻撃を仕掛けていくことが、勝利への近道となるでしょう。


情報収集画面では、軍師であるハーマンから、戦い方について様々なアドバイスを貰えます。
情報の中には、シミュレーションRPGでのお約束や、プレイヤーの行動について、皮肉を織り交ぜて話す内容もあり、思わず笑ってしまいます。
SRPGファンなら一見の価値があると思います。

少し独特なシステムとしては、皇帝の「号令」があります。

任意のタイミングで使用することができますが、1種類の号令に付き、1度しか使うことができません。
全味方ユニットに対して大きな効果があるので、使うタイミングは慎重に選びたいところです。

感想(ネタバレ有り)

「逆転」の難易度で、クリアすることができました。

少数精鋭の敵部隊を、物量で押して倒していくプレイ感覚は、かなり新鮮な味わいがあります。
敵の数が少ないだけに、1ユニット撃破できた時の喜びは大きく、戦力を削っていくのが面白かったです。
自分が王子軍としてプレイしているとき、敵がこういう風に動いてきたら嫌だなぁ、と思いながらプレイしていました。

情報収集での、皇帝ヴィルヘルムとハーマンのやり取りは、とても面白かったです。
「ファイアーエムブレム 紋章の謎」などのシーダがモデルと思われるシンディに対して、『男をたぶらかすことにかけて天賦の才を持つ、魔性の女』と評しているのは、確かにそうだと感じます。
現に本作でも、四風将のうち男3人は説得される危険がありますし、こちらとしてはとんでもないユニットです。

また、経験値を与えたい味方にトドメを刺させるという育成プレイを『瀕死にまで追い詰めた敵兵のもとへ未熟な部下を連れてきては、とどめを刺させ、人を殺める経験を積ませている』というのも、笑ってしまいました。
確かに、弱いキャラを育てるときにそのようにしますが、ハーマンの言う通りだなと思います。
さらにボスチクに関しても、『生き残った敵兵を取り囲んでは、その兵を打ち込み台にして稽古をする』など、リアルに想像すると、確かにとんでもないなと感じます。
皇帝がドン引きするのも頷ける行為です。

他にも、ステータス画面に表示される、ユニット説明もなかなか面白いものが多いです。
ゲームはこの1マップだけですが、今までの道のりを感じさせる説明があり、味わい深く感じます。

色々なネタが仕込まれている本作ではありますが、ゲーム部分はしっかり熱中できる面白さでした。
いきなり最終ステージだからこそ、ユニットの強さにも贅沢感があって良かったです。
大勢の名前無しユニットを捨て駒にして、強敵を圧倒していく感覚は、ゲーム「ギレンの野望」でキュベレイに乗ったハマーンを、大軍で封殺するのと似た感覚でした。

攻略メモ

攻略と言っても大した内容ではなく、メモ程度です。
全員生存した上で、ターン数を短くクリアできる人は凄いなと思います。

・ある程度の戦力で集中攻撃をする
味方ユニットの装備で、有利に戦える敵一体を目標に定めて、一気に攻撃することが大切です。
回復役であるイヴを倒した後は多少楽になりますが、それでも傷薬を使われてしまうのは面倒です。
味方が大勢倒されてしまった場合は、一旦後退し、別の部隊と合流して迎撃しましょう。
瀕死の味方を敢えて突っ込ませて、敵の一部を足止めするのも有効です。

・飛行ユニットを使って敵を分断させる
敵の飛行ユニットであるシンディやアレクシアがいなくなれば、こちらの飛行ユニットは比較的自由に動けます。
それを利用して、崖ごしにヒット&アウェイで攻撃すれば、比較的安全に削ることができます。
また、敵の後列の攻撃範囲に入るなどすれば、敵を分断させることもできます。
分断させる場合は、敵前列を深く引きずり込めるように、こちらの戦線を下げていけばより効果的です。

・貴重なユニットは大事に使う
こちらで貴重なユニットは、四風将や回復杖を持つ司祭、与えるダメージが高い魔法攻撃が可能な賢者などです。
なるべく味方の物理系ユニットで守ってやり、倒されないように粘りたいところです。
特に四風将の指揮効果が重複するので、ある程度固めて運用してやれば、一般兵でもかなり強くなります。
迂闊に突っ込んで倒されないようにしましょう。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ
ゲーム
ひとりアウトプット広場

コメント

タイトルとURLをコピーしました