草野球初心者向け 草野球に必要な道具は何か?

野球
この記事は約5分で読めます。

草野球をやってみたいけれど、どんな道具が必要になってくるのか分からないという人向けの記事です。
最初はどの程度そろえればいいのか、最終的にはどれくらいの費用がかかるのかなど紹介できればと思います。

OpenClipart-Vectors / Pixabay

初めて練習に参加する際に必要なものは?

野球をするとなれば、色々な道具がいるのではという気になると思います。
しかし、最初から全てをそろえる必要はありません。
大体のチームでは道具を貸してくれたりしますし、最初からすべては求められないはずです。

経験上、優先して買っていったほうが良いものから順に紹介していきます。

 

運動着

本当に何が必要かということを考えたとき、まず思いついたのが運動着でした。
スポーツをしにいくわけですから、普段着で行くのはさすがにやめましょう。
ジャージなどのスポーツウェアでいいので、動きやすいものを用意しましょう。

夏であれば、活動を終えた後の着替えなども用意しておくといいでしょう。
また汗拭きタオルなどもあれば心強いです。

もし最初からある程度のお金をかけるつもりがあるのなら、野球の練習用パンツを購入すると良いでしょう。
2000円ほどしますが、生地が厚く丈夫なので、膝などを擦り傷から守ることが出来ます。

ジャージなどではスライディングの際などに破れてしまう可能性があります。
その場合は、野球ベルトも忘れずに購入しましょう。
さらに野球用ソックスも買うと心強いです。

チームのユニフォームはまた別の話です。
ユニフォーム購入の話が出るのは、ほとんどチーム入団を決めた後です。

飲み物

意外と忘れてしまいそうですが、水分捕球をするための飲み物は、必ず用意しましょう。
特に夏場の暑い時期は命に関わります。

お茶や紅茶、コーヒーはカフェインが含まれており、利尿作用があるので、運動用には適しません。
スポーツドリンク、フレーバーウォーターなどがお勧めです。
濃いジュースや炭酸飲料などは糖分が多いため、避けたほうが良いです。
足りなかった場合、追加で買いにいくのが面倒なので、2リットルサイズを買っておけば安心です。

 

グラブ

チームによっては貸してもらえるところもあると思います。
しかし、メンバー個人に借りることは難しい道具なので、できれば買っておくことをオススメします。
本当に安いものだと、1000円~2000円で購入できます。
野球を長く続けるなら、自然とより良いものが欲しくなってくると思います。
最初から何万円もするものを購入しなくても良いです。

 

スパイク

これは最初のうちは無くても仕方ありません。
しかし、普通の運動靴やスニーカーだと滑ってしまうので、しっかり動きたいのなら購入しておきたいところです。

入門用であれば、トレーニングシューズと呼ばれる、足底にツブツブがたくさんついているものがあります。
これはランニングなど、野球以外の活動にも使えるシューズです。
ブレーキ力は多少劣りますが、簡易的なスパイクのように使えるもので、3000~5000円ほどで購入できます。
野球用のトレーニングシューズであれば、もう少し性能は上がります。

しかし本当に野球用として購入するなら、ポイントスパイクと呼ばれる樹脂製の底のものが標準的です。
大体5000円~7000円で購入できる印象です。
軟式の草野球では、金属歯のスパイクは一般的ではなく、グラウンドルールで禁止されていることが多いです。
そのため、このポイントスパイクを購入しておけば、練習から試合まで広くカバーできることになります。

 

バット

バットは、いきなり購入するにはハードルが高いと思います。
チームバットがあるところなら、それを貸してもらうのが一番良いと思います。
また、チームメイト個人に借りることも不可能ではないと思いますが、できれば他人に使わせたくないという人も多いです。
(僕もその1人です)
グラブよりは借りやすいと思いますが、野球を続けていくなら、早いうちに購入するべきでしょう。
もっとも安い価格帯のアルミ製バットでも、大人用は7000円~10000円はします。
木製バットはもっと安いですが、初心者にはオススメできません。
普通のものを購入するとなると、どうしても高くついてしまう道具の一つです。

 

その他

野球道具を入れるバッグなども、当然必要になってくるでしょう。
少し前までは、ツヤツヤのショルダーバッグが主流でしたが、最近は背負うタイプのバックパックは流行っています。
スパイクを購入したのなら、そのスパイクを入れるためのシューズケースや袋もあると良いでしょう。

他にはバッティング用手袋も、手の皮膚が擦り切れるのを防ぐため、そしてグリップが滑るのを防ぐために用意すると良いです。

帽子は、ユニフォームと一緒に購入になることが多いので、もっていなければ特別に買わなくていいと思います。

その他の細かい道具は、野球をやっていくうちに自然と欲しくなるはずです。

まとめ

以上、草野球に必要な道具について、優先度の高いものから順番に書いていきました。
ごく最初は、運動着・飲み物・グラブがあれば何とかやっていけます。
道具をそろえたら、色々なチームに見学に行ってみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました