草野球初心者向け 打撃のコツ これだけは知っておきたい!

バッティングというのは、人それぞれという部分が強く、なかなか「教える」ということが難しいです。
しかしその中でも、大前提と言えることくらいの基本はあると思います。

バッティングセンター初心者でもバットに当てられるコツ」の記事のなかで、すぐに実行できるコツは書きました。

今回は、そこからもう一歩進んだ内容を書いてみようと思います。
また打撃というのは、バッティングだけの話ではなく、打席での振舞いなど含めて、総合的なものだと思っています。
なるべく、細かい技術論は無しにして、初心者でも簡単に実行できることを厳選していきます。

打撃関連の記事については、以下のページにも一覧があります。
草野球初心者向け 打撃・守備・走塁のコツなど記事まとめ

ArtsyBee / Pixabay



試合の前日以前にやれること

初心者が、試合の直前にやれることなんて限られています。
まず、バッティングセンターに行ける時間があるなら、少し早いなと思うスピードで、空振りしないくらいまでスピードに慣れておきましょう。
前に転がるゴロが打てるなら上出来です。
草野球は、フライよりもゴロの方が、セーフになる確率が格段に上がります。
(捕球+送球が必要になるため)
また、バットを購入するという方法もあります。
軽めで振りやすい重さの、ビヨンドマックス(いわゆる「飛ぶバット」)を購入すれば、強い打球になるので成績は良くなると思います。
初心者か、野球未経験者であるなら、680g~740gくらいの重さのバットなら、無理なく扱えると思います。

当日やれること

相手ピッチャーが誰なのかを探し、投球をじっと見つめましょう。
投げる投球動作から、自分がスイングするタイミングを逆算し、タイミングを合わせましょう。
自分のバットがあるなら、素振りすることも大事です。
打席の中で、素振りと同じように振れるよう、イメージを掴んでおきましょう。
それなりに振り込んでおかないと、急に打席の中では振れません。
体をしっかり温めておきましょう。

ネクストバッターズサークルでやれること

相手投手の投球動作に合わせて、実際に自分も振って見ましょう。
また、コントロールが良いかどうか、球速がどれくらいかチェックしておきましょう。
変化球の細かいことは、まだそこまで気にしなくていいです。
ウォーミングアップが足りない人は、ここでしっかり温めておきましょう。

打席内でやれること

とりあえず、3回振って帰ってくるつもりで振りましょう。
特に初球はストライクゾーンに投げてくるので、それを狙います。
それを打ち損じたら、あとはおまけくらいに思いことです。
とにかく初心者に大事なのは、ただ当てに行くのではなく、しっかり振り切ること。
多少ボールでもいいので、まずは振らないと経験値になりません。
3ボールになれば、さすがに1球待っても良いかもしれません。
しかし、3ボール1ストライクになったら、思いっきり振りましょう。
しっかり振り、そして転がったらきちんと走りましょう!
ファールかな?と思っても自分でジャッジせず、ためらわず走りましょう。
走らないと、捕手も打球をフェアにして殺そうとしてきます。

また全力で走ることで、守備にもプレッシャー・焦りなどを与えられ、セーフになる確率が上がります。

打撃関連の記事については、以下のページにも一覧があります。
草野球初心者向け 打撃・守備・走塁のコツなど記事まとめ

にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ
にほんブログ村

草野球ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする