iPhoneをAppleの配送修理サービスに出したら意外と楽だった感想

前書き

この記事の趣旨は、AppleのiPhone配送修理サービスが意外と便利だったという内容です。
自分で梱包する必要がなく、引き取りに来た運送会社に本体を手渡すだけなので、結構楽でした。

僕は昔からiPhoneを愛用しています。
使い慣れているので満足しているのですが、悩ましい点としてはバッテリーの劣化です。
スマホは毎日使うものなので、当然毎日充電をします。
毎日充電をしていると、大体2年ほど(それかもっと早い時期)で電池の減りが早くなってきます。
最新のiOSでは、バッテリー残量をパーセンテージで表示することができなくなっていますが、これはユーザーにバッテリーの減りが早いことを認識させにくくするためでないかと勘繰っています。
バッテリー性能自体は年々良くなっているはずですが、本体の性能も上がって消費電力も上がるので、結果としては新モデルになるたびに微増というイメージです。

昔からAppleは、バッテリーが消耗してくる2年周期に新しいiPhoneが発表し、どんどん買い替えさせるという戦略を採っていました。
今でもそれは続いていると感じていますが、最近のiPhoneは非常に高額になってきています。
毎回買い替えていては勿体無いので、バッテリー交換でまた元通りになるのなら、交換して使い続けた方が経済的です。
ただ、バッテリー交換は自力では難しいため、Appleかその他の業者に依頼するしかありません。
普段使いのiPhoneを修理に出すと不便なので、修理に出すということがなかなかできないというジレンマもありました。

今回は、僕が使わなくなった前のモデルのiPhone7の修理を、Appleの公式サイトで依頼した経験について、書いてみようと思います。
何万円もするiPhoneを、バッテリーの問題だけで破棄してしまうのは勿体ないと感じたからです。

修理依頼方法

iPhoneの修理を公式に依頼する場合は、Apple Storeに直接持ち込むという方法と、Appleが指定する業者に引き取りに来てもらうという方法があります。
中には、独自に格安でバッテリー交換をしている個人店もあるようですが、僕の住まいの周辺に無かったため、今回そういった業者は利用しませんでした。

Apple Storeに直接持ち込む方法についてですが、僕はあまり気が進みませんでした。
そのそもApple Storeが近くに無いこともありますし、予約が必要だったり、実際に行っても待たされたりして煩わしいというデメリットがあります。
一方、Appleに引き取ってもらう方法は、ネット上で申し込みをして、引き取りに来た運送業者(自分の場合はヤマト運輸でした)に、本体を渡すだけでOKです。
事前に自分でデータをバックアップして、ケースやフィルムを外したりする準備は必要ですが、梱包せずにそのまま渡せば良いというのは大変楽です。

最初に申し込む際、修理見積が提示され、クレジットカード払いか代引きか選べます。
料金は、修理完了品が届いた際に支払う流れです。
申し込みの段階ですぐにお金がかかるわけではありません。
修理見積は、最高これくらいかかるであろうという金額なので、おそらく実際は安くなったりするのだと思います。

バッテリー交換だと代金は5000円程度、電源が入らないという症状だと、35000円程度です。

今回僕が依頼したiPhoneの不具合は「電源が入らない」という内容で、見積もりは35000円くらいでした。
検査の結果、バッテリーの問題だけということが判明すれば、実際の金額は5000円ほどということになるでしょう。

修理完了まで

本体を運送会社に引き取ってもらった次の日の午前に、Appleより「修理を開始します」というSMSが届きました。
そして同じ日の夕方、「お客様の製品を発送いたしました」というSMSが届きました。
非常に早い対応だという印象です。
<ネットで申し込み⇒運送業者引き取り⇒修理開始&完了&発送⇒完了品が届く>という流れなので、4日間で修理が完了することになります。

そして本体が運送便で家に届きました。
このような状態で箱に入れられています。

見たところかなり綺麗で、元の個体とは違う交換品が送られているようです。

同梱されている手紙を読むと、やはりバッテリー交換だけで済む問題ではなかったようで、交換品を送ってくれているという内容でした。
交換品は新品ではなく、いわゆるリペア品なのだと思います。
見た目は綺麗なので、ほぼ新品と考えて良いでしょう。

そして今回、僕が送った本体は、事前に申し込みをした本体とはシリアルが違ったもののようだったということが書かれています。
それでも問題なく処理は完了しているようですので、あまり気にしなくて良いのかなと思います。

そのほか、今回送った本体の保証期間が残っていれば、無償になるようなことが書かれています。
僕の本体は、さすがに保証期間は残っていないと思うので、事前の見積もり通りの額が請求されるのだろうとと思います。

終わりに

新しいiPhoneを買って、古い機種が残っている場合、修理サービスで比較的早く復活させることができます。
iPhoneは、複数台をサブ機として持っていて損はないと思うので、もし手元に調子の悪いiPhoneが残っている人は、Appleの修理サービスを利用してはどうでしょうか。
梱包せずに、比較的楽に修理することができます。

サブ機は、例えば音楽視聴専用や動画視聴用などとして使えば、メイン機のバッテリー消費を抑えられますし、Bluetooth機器とのペアリングも楽です。
複数持つことで色々とやれることは広がると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする