Pennant Spirits(球団運営シミュレーション)おすすめフリーゲーム紹介

今回オススメするのは、フリーゲーム「Pennant Spirits」です。
野球の球団を運営していくシミュレーションゲームです。
「プロ野球チームをつくろう!」や、「Out of the Park Baseball」(海外の凝った球団運営ゲーム)が好きな人にはおすすめです。

しかし、自分で選手を操作するような、アクション要素はないため、パワプロのようなゲームを求めている人にはオススメできないかもしれません。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ

12019 / Pixabay

このゲームでできること

このゲームで、プレイヤーが出来ることは、そう多くありません。
・選手への練習指示
・1軍2軍の入れ替え
・オーダー設定、投手のローテーションや役割分担設定
・ドラフト、トレード、FA選手&新外国人獲得
・契約更改、解雇

大きく分けると、これくらいです。
基本的には、日程を進めていき(スキップも可能)、時期ごとの行事をこなしていく感じです。

楽しみ方

楽しみ方は、たくさんあると思います。

例えば、僕の場合は、贔屓チームである中日ドラゴンズを操作し、常勝チームを作るためにプレイしています。

試合は1打席単位で観戦することも可能なため、ポチポチとクリックで試合を進めていき、調子の悪い選手を2軍に落とし、調子の良い選手を上げ、やりくりしながら貯金を増やしていくという普通のプレイをしています。

なんなら、通算記録の更新を狙うために、若く才能のある選手を入団時からレギュラーに固定するのも面白いでしょう。
また、エディット機能も豊富なため、最強の投手や野手を作り、シーズン記録の限界にチャレンジするというのも面白いと思います。

プレイのコツ

年度によって、同じ選手・同じ能力でも、だいぶ成績が変わってきます。
4~6月までに、使える選手・今年は駄目な選手を見極め、戦力を早めに固定していくのが大事です。
成績の悪い選手は下に落とし、良い選手は上げましょう。

野手はミート&パワー重視、捕手は捕手リード重視、投手は制球重視で選びましょう。
また、特殊能力は、マイナス能力がない選手が大事です。

打者ならチャンス○、チャンスメーカー、粘り打ちなどが大事で、投手はピンチ○、打たれ強さ○、接戦○、重い球、クイック○などが、効果が大きいです。
ドラフトは、ランクの高い先発投手を狙って獲得していきます。

野手は、外国人で補強しにくい捕手、二塁、遊撃あたりで、打撃の良い選手を獲得していきます。

投手は、制球C以上でマイナス能力が無い左投手は、青田刈りしていくのもアリです。

また、このゲームは結構怪我が多いため、レギュラーがいるポジションでも、2番手や、守備の上手い選手をそろえておくと、レギュラーの疲労軽減に役立ちます。

オフシーズンの活動は、まずFA選手から狙って取りましょう。
競争率が高いので、早めに高い金額を提示しないと獲得できません。

新外国人獲得は後回しでOKです。
投手の助っ人、そして一塁、三塁、レフトなどで強打の選手を獲得します。
契約更改では、高齢で、活躍の機会が無い選手はバシバシ自由契約にしていきます。
ただ、直近の成績が悪くても確変で活躍する場合もあるので、なかなか悩ましいところです。

感想

フリーゲームと思えないほど、システム・インターフェースは洗練されています。
やっていることはほぼ作業なのですが、その作業の繰り返しが非常に楽しいです。
注目しているお気に入り選手の成績を追ったり、足の速い選手ばかり集めて、チーム盗塁数が年々じわじわと増えて行ったりすると、地味ながら自分の采配の効果が感じられて、面白いです。

自分で選手を操作してプレイする人が好きな人にはオススメしません。
しかし、選手の成績や能力を見ながら、あれこれ戦略を立てるのが好きな人は、かなり楽しめると思います。

まだ完成ではなく更新も続いているので、今後も楽しみです。

こちらの公式ページより、ゲームダウンロードが出来ます。
Pennant Spirits 公式ホームページ

野球チームを運営する似たタイプのシミュレーションゲームとして、以下のフリーゲームもオススメです。

高校野球シミュレーション4
細かいパラメータに、実在の高校名を使用した本格派のシミュレーションゲームです。

栄冠にゃいん
パワプロの「栄冠ナイン」モードを題材にして、シンプルに洗練されたゲームデザインながら、歯ごたえのある試合が売りのシミュレーションゲームです。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする