もっと広まって欲しい「退職代行」サービス

先日、ネットのまとめニュースを見ていて、面白い会社があるなと感心しました。
どんな業務内容の会社かといいますと、退職の代行業です。

本来、仕事を辞めるのは労働者の自由なのですが、実際に退職するとなると面倒です。
特に、職場環境の悪さに耐えられず辞めたいのであれば、会社の人と話すことすら嫌でしょう。
料金を支払うだけで、その面倒なやり取りをすべて代行してもらえるのなら、とても素晴らしいサービスだと思いました。
今回はこの「退職代行業」について紹介していきます。

退職代行業とは?

退職代行サービス自体は、昔から存在していたようです。
詳しい代行業務の内容については、退職代行業者のホームページを見ていただければ、大体載っています。
具体的な過去の事例について、いくつも紹介文が掲載されている所が多いため、安心感があります。

辞めたい、明日から仕事に行きたくないと思ったときなどに依頼すれば、本当に自分では一切会社と話す必要もなく、辞めることができるようです。
必要な書類や荷物の返却などは全て郵送で行うため、自分で会社とやり取りすることなくできるとのことです。

人が「面倒だ」「煩わしい」と思うところに商売が転がっていると聞きますが、本当にその通りだと思います。

料金は?

今回記事を書くにあたって参考にした業者は、3万円~5万円の料金との記載がありました。
そのほかの会社では10万円ほど、弁護士に退職代行を頼むと約30万円との内容がありました。
今回ネットで話題になっていた会社は、従来よりかなり安いのでインパクトがあったのかもしれません。

個人的には、数万円を支払うことで退職時の煩わしいことをすべて避けられるのなら、かなり魅力があると感じました。

退職代行業の需要

僕は今回、こういった代行業があるのだと初めて知りました。
しかし、潜在的な需要はかなりあるのではないかと思います。

そもそも日本の企業は、法令順守できていない企業がほとんどで、いわゆる「ブラック企業」も多いです。
会社を辞める権利は労働法で保障されているのに、責めたてたり恫喝するなどして、辞めようとする労働者を抑えこんだりします。
真面目な人ほど、会社を辞めたくても、他の人に迷惑をかけたくないために言い出せず、心を病むまで働き続けたりしています。

こういったサービスがあることで、会社を辞めるということの敷居が少しでも低くなればいいなと思います。
もちろん退職した後どうするかは、事前に計画していなければなりません。
しかし、うつ病で自殺などしてしまうくらいであれば、まずは職場から離れることも大事でしょう。

退職代行を不安に感じる人への言葉

ここでは、「センシエス合同会社」が提供する退職代行業務「EXIT」のホームページで、心に残った言葉について紹介しようと思います。

「過去の事例」に記載されている「運営から一言」という文なのですが、退職したいのにできない方々にお伝えしたいです。
(2018年10月2日現在、このコーナーは無くなってしまっているようです)

今はタイミングが悪いから、と退職を言い出せない方は多くいらっしゃるかと思いますが、残念ながらタイミングが良い退職など、ほとんど無いと言っていいでしょう。
自分で言えなければ第三者に頼りましょう、ぜひ退職代行をご検討ください。」

確かにこれは、真理であるように感じます。
退職代行に頼らざるを得ないような状況下で、良いタイミングなどというものを待っていると、体調を壊してしまいかねません。

自分で言うのが億劫なのであれば、お金を支払って代行してもらうというのは、自分自身を守る上でも大事だと感じます。

そもそも使用者(会社)は労働者の退職を拒否できません。
上司に退職をつっぱねられて困っている方、ぜひ退職代行をご活用ください。」

これもよく聞く話です。
退職代行なら、退職届を受理しない、渡したのに受け取ってないなどといった問答は必要ありません。
退職に半年待ってくれだとか、1年待ってくれだとか言うのは、あくまで会社側の都合に過ぎません。
労働法によれば、期間の定めの無い雇用契約の場合は、退職の申し入れから2週間経つことで、雇用は終了します。
会社によっては独自に、退職1ヶ月前までに提出するなどルールを独自に定めていることもありますが、労働法の方が優先されます。

まとめ

退職代行サービスを使うことで、退職時の煩わしさを数万円で丸投げできます。
仕事が辞められずに悩んでいる人は、こういうサービスを利用すれば、その苦しさから解放されるのではと思います。
僕も退職するときには利用してみたいな、と強く感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク