フリーの麻雀ソフトで一番強いのは何か?

「天鳳」などのネット麻雀で強くなるには、とにかく試合数をこなして試行錯誤することが大事です。
ところがネット麻雀などの対人戦では、対局に時間がかかってしまいます。
時間が十分に確保できない人にとっては歯がゆいところでしょう。

そこでコンピュータが相手の麻雀ソフトを利用すれば、比較的自由なタイミングでガンガン試合をこなすことが出来ます。
しかし、麻雀上達に役立つレベルの麻雀ソフトがなかなかないのが現状です。
今回はそういう状況の中、一番強かった麻雀ソフトについて、紹介をしようと思います。

理想の麻雀ゲームに求めるもの

まず最初に、僕が求める理想の麻雀ゲームはどういうものか、書き出してみようと思います。

実際の麻雀と同じように、牌の操作がされていないこと

たとえばネット麻雀の「天鳳」では、意図的な牌山の操作が不可能であることと、その理由が公式ホームページで公開されています。
牌山生成用のハッシュ公開され、実際に不正がされていないということも検証できるようになっています。
(それでも疑う人にとっては100%の証明にはならないようですが・・・)

スマホ用の麻雀アプリやフリーの麻雀ソフトを遊んでいると、ありえないような頻度で有効牌を引くという経験をしてきました。
それは偶然なのかもしれませんが、さすがに以下の画像のような良い成績が出すぎると、練習にもなりません。


(iPhone用アプリ「100万人のための麻雀」成績画面より)
89半荘対局して、平均順位1.2位、和了率44.8%、放銃率4.8%などというのは、普通ありえない数値です。
麻雀のルールを覚えたばかりの初心者のみと対戦したとしても、こんな成績は無理だと思います。

ひょっとするとコンピューターが弱すぎるのかもしれません。
しかし、それに加えてプレイヤー側に有利な操作がされていないと、さすがに変な成績だと思います。
最大27連荘なんて記録を見ていただければ、その異常さが分かってもらえると思います。

これらの状況証拠をいくつ並べでも、牌操作がされている完全な証明にはならないでしょう。
しかし、僕が目的にしている麻雀の上達には役に立たないと感じています。
爽快感は味わえると思います。

牌譜で対戦記録を見られること

直前の対戦だけでも良いのですが、天鳳のように牌譜を見返せられると嬉しいです。
押し引きの判断が合っていたかどうかじっくり考え直したいですし、他の対戦相手の手配や山も見たいです。
まあ実際は、判断が妥当だったかどうかが重要なのであって、結果的に失敗だったかどうかはあまり関係ないのですが。
しかし、切る牌を迷って振ってしまった場合、迷ったどちらも当たり牌だったのなら、気分的には楽になります。

詳細な成績が閲覧できること

上達することが目的なので、詳細な成績項目があると嬉しいです。
下の画像くらいの項目があれば、申し分ないと思います。

さらに、成績集計期間を簡単に切り替えられるような集計ツールがあれば、なお嬉しいと感じます。

これくらいの項目について集計することができるなら、打ち方の改善に役立てることができると思います。

理想の麻雀練習ソフトの希望

結局、ここで示したような要素を満たす麻雀ソフトは今のところありません。
今後そういうものが出来たらいいなとは思うのですが、なかなか難しいでしょう。
一つ可能性があるとすれば、「天鳳」のシステム上で、十分に強いAIと対戦することが出来るなら、割と近い形になるのではと思っています。
例えば、麻雀AIの「爆打」3人(?)と自由に打つことができ、牌譜も記録できるのなら、かなり役に立ちそうだと感じます。

麻雀のフリーソフト「まったり麻雀」が一番手強い

話が少し逸れてしまいましたが、フリーの麻雀ソフトで一番強いと感じたのは、「まったり麻雀」というソフトです。

ダウンロードはこちらから(作者であるkmo2さまのホームページ)
マッタリプログラミング日誌

残念ながら今後の更新は難しい状況にあるようですが、今までプレイした麻雀ソフトの中では一番手ごわい相手でした。
同じ配牌・ツモ牌で、コンピュータがどう打つか検証できる「デュプリケート対局」など、独自のモードでも遊べます。

だいたい天鳳5段くらいの強さではないかと聞くのですが、確かにそれくらい手強く感じます。
コンピュータならではの愚形待ちや、早い段階で危険を察知してのオリなどが特徴的ですが、5段前後の強さを体感できる強さになっていると思います。
特上卓の雰囲気に、手っ取り早く慣れたい人にはオススメしたいと思います。

そのほか麻雀に関する記事のまとめです
麻雀上達・技術・メンタル・天鳳などに関する記事のまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする