ネット麻雀「雀魂」(じゃんたま)を雀豪になるまでプレイした感想

麻雀
この記事は約8分で読めます。

前書き

2019年11月に、ネット麻雀「天鳳」で、目標としていた7段になりました。
しかし鳳凰卓で数局対戦してみると、その苛烈さを味わい、レベルの違いを実感しました。
苦労して7段になったので、ポイントを減らして降格するのが怖く、しばらく天鳳はプレイしていませんでした。

そんな時に、同じネット麻雀の「雀魂」(じゃんたま)をプレイし始めました。
雀魂の存在自体は知っていたのですが、サービス全体の雰囲気から「MJ」や「麻雀格闘倶楽部」的なゲームだと思っていました。
しかし実際にプレイしたところ、一応牌譜や山の検証もでき、ある程度の成績も記録されるので、印象よりしっかりした麻雀ゲームだなと思い直しました。
そういうわけで、天鳳の気分転換というわけではないですが、自分の雀力の検証も兼ねて、しばらく雀魂をプレイしてみました。
今回、区切りの一つである「雀豪」というランクになったので、本記事で、色々と感想を書いていこうと思います。

自分の成績の分析

まず、天鳳での自分の成績と、雀魂での成績を比較してみようと思います。
同じ条件の下で集計したデータではないので、比較するにあたっては、いくつか気を付けるべき点があります。

・すべて半荘戦の成績です

・天鳳の成績についてはWindows版の機能である「詳細集計β」で、「特上卓」の対戦のみを集計しています

・片方のサービスにしかない項目は比較できないので、載せていません。

雀魂天鳳
一位率32.14%26.97%
二位率27.98%25.29%
三位率24.40%24.85%
四位率15.48%22.88%
飛び率3.57%0.49%
対戦数1681368
平均和了61205968
平均順位2.232.436
和了巡数12.1011.50
和了率24.18%21.47%
ツモ率29.29%37.74%
放縦率11.28%11.76%
副露率33.39%31.56%
立直率20.78%18.31%

まず、パッと見た限りでは、雀魂の方が全体的に成績は良く出ています。
これにはもちろん、いくつかの理由があります。
天鳳での成績は、特上卓に限定したものであり、雀魂の成績は、主に銅の間~金の間での成績です。
そのため、天鳳の方が同卓するプレイヤーの強さが安定している、ということが言えるはずです。
そういう訳で、天鳳の方がより低い成績になるというのは当然でしょう。

以下では、その他の項目についても比較してみます。

和了巡数

和了巡数は、天鳳の方が早く、良い数字が出ています。
これは、天鳳の方がスピード重視で、早めのタイミングで副露しているのだろう・・・と思っていたのですが、少々違うようです。
雀魂の副露率が33.39%で、天鳳が31.56%です。
雀魂の方が多く鳴いているのに、和了巡数が遅いのです。

考えられる可能性は、いくつかあります。
天鳳の方が長い期間に渡って集計しており、その間にも自分の打ち方は、かなり変わってきています。
従って、天鳳の成績は、直近に限れば副露率は同じくらいなのかな・・・という気がします。

他の可能性として、雀魂ではややリーチと打点を重視して打っているからかもしれません。
雀魂では、対戦相手の放縦率は、天鳳に比べてかなり高めです。
つまり、オリない相手が多いのです。
したがって、自分もそれを前提に、打点を重視した手作りをする傾向になってきています。
そのような理由もあり、和了巡数を犠牲に、平均和了点数が少し伸びているのかもしれません。
この項目に関しては、はっきりとわからないので、少し慎重に考えたいところです。

和了率とツモ率

和了率は雀魂の方が高く、ツモ率は天鳳の方が高いです。
これは、雀魂のプレイヤーはオリ意識が弱く、天鳳のプレイヤーはオリ意識が強いからというのがわかります。
自分がテンパイしたときに他家がオリれば、当然ロンアガリが少なくなり、その分ツモの割合が増えます。
そういった部分での差が、この項目に表れているのだと思います。

立直率

立直率の差は、自分の意識による部分も大きいかもしれません。
立直の大きなメリットの一つとして、相手をオリさせるというものがあります。
雀魂のプレイヤーは、天鳳民と比較して、あまりオリないので、打点が高くなりやすいリーチを重視して打つようにしていました。

また、副露でテンパイを匂わせても、あまり警戒してくれないので、テンパイを明示するリーチの方が、注目してもらえるということもあります。
ただし、リーチしても気にせず突っ走ってくるプレイヤーもかなり多いので、良形か打点のどちらかは無いと、苦しいめくり合いを強いられることも多い気がします。

放縦率

放縦率に関しては、雀魂の方が良くなりました。
雀魂の方が、個人的に攻めている印象があったので、これは少し意外でした。

雀魂は、点数状況を考慮した攻めをして来るプレイヤーが少ない印象があります。
そのため、きっちり降りていれば横移動が多く、最下位は避けられるという思いが強かったです。
副露率は雀魂の方が高いのに、それでも放縦率を下げられているのは、個人的には嬉しいところです。

段位戦での戦い(半荘戦)

さて、雀魂での段位戦をこなしていった印象を書いていこうと思います。
体感的には、銅の間~金の間くらいまでは、天鳳の一般卓~上卓くらいの印象です。
玉の間はまだプレイし始めたくらいですが、特上卓と同等か、それ以下くらいの体感でした。

基本的には、押してくる人がかなり多い印象です。
そして、鳴く人はメチャクチャ鳴いて、鳴かない人は全然鳴かないなど、極端な人が多い気がします。
こちらの体に染みついているセオリーや体感と、合わない打ち方をして来る相手が多いので、それに振り回されると良くないなと感じます。

特に、雀魂は対戦中、相手の成績を閲覧することができます。
自分も最初、相手の成績を見て、対局の参考にしていたこともありましたが、結局やめました。
大きな理由の一つとしては、精神衛生上良くないからです。

自分より成績が良くないと感じる人でも、その一つの対局だけでは、結果がどう転がるか分かりません。
和了率が25%の相手でも、20%の相手でも、一つの対局ではその差はあまり明確になりません。
放縦率が18%くらいの相手でも、しっかりベタオリしてくるときもあるので(18%はさすがにしてこないか・・・)、相手の成績を見すぎると、数字に振り回されてしまいます。
そのため、相手がどんな成績であろうが、自分は最適だと思われる打牌をすることが大事だなと再認識しました。

例えるなら、野球の守備での「シフト」のようなものです。
対戦相手が「大谷シフト」のような極端な守備シフトをしてきても、打者・大谷としては、自分のスイングを崩さずにすることが一番大事です。
例えばメジャーで、三塁方向に野手を全く置かず、そちらにバントで転がせば、必ずヒットになるような大谷シフトも、一時期話題になりました。
しかし相手からすると、ホームランなど長打もあり得るバッターが、自分からバントヒットという、単打に制限して、自分のバッティングをしないでくれるのであれば、それだけで十分成功しているらしいのです。
少し話はズレましたが、相手がどんな極端な麻雀を打ってきていても、自分自身の麻雀を打つということが、長期的には大切だと思います。

極端な打ち方のプレイヤーが多いので、接戦は少なめの印象でした。
トップが十分な点を持っていても、ガンガン攻めてきたりするので、そうのような場合は一方的な半荘となってしまいます。
点数が少なくてもガンガン攻めて飛んでしまう人も多く、こちらの逆転チャンスを潰されてしまうこともあります。
そういった、自分の計算通りにいかないストレスはありますが、天鳳と同じように「4位以外は勝ち」と思っていれば、昇格していくのは易しいと感じます。

対戦中の感情表現アイコンについて

雀魂では、対戦中、プレイヤーの感情を表す顔アイコンを表示させてくるプレイヤーがいます。
開始時の挨拶であったり、アガれたときの喜びだったり、振り込んだときの悲しみだったり、様々なタイミングです。

天鳳ではそういったシステムが無いので、何も感じることはありません。
しかし雀魂では、場合によっては相手の感情を逆撫でするようなことも可能です。
悪意を持って使っている人は少ないでしょうが、苛立たせられる人もいるだろうなと感じます。

噂によると、顔アイコンが、通しのサインに悪用されているという話も聞きます。
(公式が何らかの対応をするかもしれません)
しかし、開始時の挨拶などへの使用や、自虐的なアイコン使用は、確かにほっこりすることもあり、人間味が感じられることがあります。
ガチ勢が多い天鳳とは違い、雀魂のこういった機能は、ライト層・エンジョイ勢の取り込みに寄与しているのではないでしょうか。

雀魂での可愛らしいキャラクターなどに惹かれて、麻雀をプレイする人が多くなれば、単純に麻雀人口の増加に繋がります。
雀魂は、麻雀の複雑なルールについても、一応チュートリアルで勉強することができるようになっています。
Mリーグなどの盛り上がりも見られる中、いち麻雀ファンとしては、初心者やライト層が、もっと気軽に遊べるようになればいいな、と思います。

終わりに


雀魂は、牌山の生成について、天鳳と同じように、MD5によるハッシュ検証システム実装しています。
そういう意味で、MJシリーズや麻雀格闘俱楽部とは違って、真っ当な確率に支配された麻雀だと感じています。

雀豪になるまでプレイしましたが、天鳳と比べると成績は良化したので、プレイヤーの平均レベルは高くないと感じました。
しかし雀魂は、麻雀初心者やライト層向けだと感じるので、ぬか喜びせずに上達していきたいと思います。

今後、より詳細な成績が見られるようになったり、使いにくい牌譜再生モードが改良されれば、ガチ勢でも十分満足できるようになるのではと感じます。
ただし、雀魂はライト層向け、天鳳はガチ勢向けと、今のところ住み分けが出来ているので、何でも天鳳に合わせる必要はないのかなと思います。

そのほか、麻雀に関する記事のまとめページです。
麻雀上達・技術・メンタル・天鳳などに関する記事のまとめ
 
麻雀
ひとりアウトプット広場

コメント

タイトルとURLをコピーしました