勇者をブッ潰せ(フリー・育成シミュレーション)紹介・感想・攻略メモ

刺激的なタイトルに心惹かれる、育成シミュレーションゲーム「勇者をブッ潰せ」の紹介です。
名作SRPG「グレイメルカ」を生んだサークル「シニカルとレトリック」の作品だけに、かなり楽しむことができました。
勇者を目指して育てる訳ではなく、勇者を倒すために育てるという、少し変わった目的のゲームです。
本作はリメイク作品で、自分も昔、プレイしたことがありました。
その時とはキャラクターやグラフィックも一新されているので、非常に新鮮な気持ちで楽しめました。

ゲーム概要

幼馴染である勇者ルサリから、もう一人の幼馴染・トシンを奪う(振り向かせる)ため、凡人であるエトを育て上げていく育成シミュレーションゲームです。
謎の人物・ギルフィートの指導のもと、限られた期間で各種パラメータを上げていくことになります。
最終的にはルサリを倒すことが目的ですが、途中知り合う人物によっては、個別ルートに入ったりします。
最初のプレイのクリア時間は2~3時間程度ですが、様々なルートやエンディングを見るためには、何度か繰り返しプレイする必要があります。
物語全体の謎を解明するためには、すべてのキャラクターの個別エンディングまでは見ておきたいところです。


メイン画面は、必要な情報が一目でわかるようになっています。

基本的なゲームの流れとしては、月~金の訓練をしてパラメータを上げ、土日は街に出てイベントを発生させる、という感じです。
適度に休養をしないと病気状態になり、休養しかできない状態になってしまいます。
無理せず、計画的にスケジュールを組んでいくことが大事です。

各種訓練は、あるパラメータが上がれば別のパラメータが下がるというものばかりです。
そのため、上手いこと補い合うような組み合わせをして、全体としてはプラスになるように育てていく必要があります。

ギルドを訪問すると「魅力」の値に応じて、色々な種類のスウラ(モンスター)と戦うことができます。
スウラを倒すとで報酬のお金を得ることができます。
お金によって、武器や盾を購入したり、有用なアイテムを購入することができます。
武器や盾は、購入時の値段も売却時の値段が変わらないため、気軽に買い替えることができます。
アイテムはどれも役立つものばかりなので、お金の重要性は割と高いと言えるでしょう。

戦闘は、半リアルタイムのコマンドバトルに、タイミング要素を組みこんだものになっています。
素早さが高ければ高いほど行動ゲージが溜まるのが早く、スピードが大事な要素になっています。
そして相手に攻撃する際に表示される、大きい円が小さくなるエフェクトが出現し、出来るだけ小さな円の時にクリックすることで、より大きなダメージを与えることができます。
パラメータの高さがダイレクトに物を言う戦闘バランスなので、強い敵にはまったく歯が立たないですが、自分自身の成長も感じやすい印象を受けました。

感想(ネタバレ無し)

よくあるタイプの育成シミュレーションでしたが、全体的にクオリティはかなり高く、とても面白かったです。
エンディングの数は多いですが、取ってつけたようなものではなく、それぞれが一つのシナリオとして完成されており、ボリュームもありました。
登場する人物(主に女性陣)も、個性的で魅力がありました。
個別ルートでは「あれ、これって恋愛シミュレーションだっけ?」と思うような、顔がニヤけてしまうような展開もあり、久しぶりの感覚でした。

ゲーム自体は、慣れればサクサク進めることができるので、ストレスも少なめでした。
ルートによってはギルドにたくさん通って、モンスター狩りをしなくてはいけないのですが、それが少し面倒です。
しかし、一部のルートを回収する際に必要なだけなので、許容範囲内ではあります。
少しでも気になった人は、プレイしてみてはいかがでしょうか。

キャラクター別の感想(ネタバレ有り)

・エト
鬱屈したタイプの主人公ですが共感することができました。
ルートによっては狂気に囚われたりしますが、基本的にはお人よしで優しい青年です。
凡人が物凄い力を身に付けていく過程は、ありふれた展開ながらも、爽快感がありました。
ギルフィートとの掛け合いなど、笑わせてもらう部分も多かったです。

・ルサリ
エトから見れば、そりゃ嫌な奴だよなという感じです。
しかし本人はそこまで悪いわけでもないですし、ある意味可哀想な役回りが多いキャラという感じでした。
決して悪い奴ではないですし、自分の過ちを認めてエトに謝罪したりもしますし、嫌いではありません。
1周目で、勇者って本当に強いんだなと思い知らされました。
周回プレイだと、ルサリを超えて当たり前くらいのハードルになるのが寂しいところです。

・トシン
個人的には好きでも嫌いでもありませんが、嫌われそうなキャラだなとは感じました。
イメージとしては、機動戦士ガンダム0083のニナのような、優柔不断な感じです。
ただ、自分が嫌な女だという自覚があるあたりは好感が持てました。

・ラレイ

キャラクター的には一番好きかもしれません。
先入観を持たず、認めた人間に対しては誠実ですし、不器用な感じも好ポイントです。
ギルフィートにアドバイスを受けてから、エトに対してなるべく素直に振舞うところなど、グッときます。
エトはラレイと結婚するべき。

・クテルシィ
個別ルートに入るためにかなりの戦闘をこなさなければいけないため、結構大変でした。
ラレイと似た感じの性格に思いましたが、こちらの方が素直でした。
ドレスは正直、ちょっと似合わないかなと感じましたが、エンディングの一枚絵では、少女に戻ったように見えて良かったです。

・チェカ

天真爛漫と捉えるか、腹黒いと捉えるかで好き嫌いが変わってきます。
しかしおばあちゃんが亡くなってしまうのは、素直に可哀想だなと感じました。

・キャルスト
トゥルールートととでもいえる個別ルートを担っているだけに、結構関わることが多かったです。
女性キャラとしては、見た目通りな感じです。

・ギルフィート
まさかの正体に驚きました。
ちょくちょくギャグっぽい言動やお茶目なところがあるので、かなり好きです。
ハーレムルートなどの「はい回答でました!」とか唐突で面白いです。

・フィアネル
独りぼっちなのが可哀想で、チェコより庇護欲を掻き立てられます。
個別ルートの最後の選択肢で、大人しく連行されるを選ぶと、かなり後味が悪く悲しい気持ちになってしまいます。
ハーレムルートでは結構押しが強いなと感じました。
というかこの作品の女性陣はみんなクセが凄いのだがそれがいい。

・ジェイル
ザ・裏ボスという感じで、裏ルートの最後を飾ってくれました。
自分の欲に忠実なところと、ルサリを犠牲にした時も「前向きな選択ではないが仕方ない」というあたり、リアルな感情が伝わってきて良かったです。
癒手が凶悪で、タイミングよく畳みかけないと永遠に倒せません。
結構苦労しました。

攻略メモ

公式ホームページで、各エンディングの条件やイベントの情報が載っているので、2周目からは参考にするとプレイしやすいと思います。
ただし、具体的な攻略法については書いてないので、個人的なコツをメモしていこうと思います。
あくまで自分はこうやったという方法なので、色々と方法はあるかと思います。

まず知力をMAXにする+ジュピキタシアゲット

あるパラメータが上がる訓練を行うと、別のパラメータは下がります。
しかし、知力だけはどんな訓練を行なっても下がりません。
そこに注目して、自分の場合はまず「文学勉強」と「戦術勉強」の組み合わせを繰り返します。
知力とMP以外は下がりますが、パラメータの下限があるため、1以下にはならないのがミソです。
休憩を適度に織り交ぜて、病気にならないように注意しましょう。

そして、土日は買い物に行き、道具屋と「話をする」を選び続けましょう。
知力とMPも大きく上がりますし、10種類の話を全て聞けば、ジュピキタシアが手に入ります。
これにより頑丈さ+380、魅力+310に底上げされるため、ギルドで選べるモンスターが増え、ある程度の守備力も得ることができます。


自分の場合、残り59週でこの状態になりました。

スウラ狩りでお金稼ぎ+HP回復

次の目標は、お金をある程度稼げるようにして、集中ドリンクを常用できるような状態に持っていくことです。
そのためには腕力と頑丈さ、脚力を上げていく必要があります。
ジュピキタシアで頑丈さはある程度強化されているため、剣術稽古とジョギングの組み合わせをしばらく続けます。
クテルシィのルートを目指すなら、休日はこまめにギルドに通い、まずは倒せるレベルのスウラの撃破数を稼いでいきましょう。
この際、戦闘中に瞑想などでHPを回復させることで、平日に休憩するロスを減らすことができます。
ただし、土日スウラ狩りを続けていると、オーバーワークという病気のような状態になってしまうことがあるため、注意しましょう。

集中ドリンクで効率アップ

集中ドリンクのメリットは、訓練の効果が2倍になることはもちろんですが、パラメータのマイナスが無くなるという点です。
これにより、訓練が純粋にメリットだけとなるため、効率が非常に上がります。
ただし、毎週飲んでいると「中毒」という状態になってしまうため、常用をしばらく続けた後は、2週間に1度の使用にしましょう。
隔週程度の頻度であれば、中毒にはなりませんでした。
途中、チェコの薬イベントを利用するのも良いでしょう。

魅力を上げるのは最後の仕上げ

ジュピキタシアと武器(デュランダルくらい)で上がる分の魅力で、デスペレナと戦えるくらいになるはずです。
デスペレナを余裕で狩れる腕力・頑丈さになったら、最強の剣・シンデレルを狙って、百合の花を買えるようにお金稼ぎを頑張ります。

魅力は、多くのエンディングの分岐条件に関わっているため、調整しやすいように、上げるのは最後まで残しておくのが便利でしょう。
集中ドリンク込みなら、1週間で80程度上げられる計算になるので、15週ほどあれば、限界まで上げられるでしょう。


大体、これくらいになれば、各種ラスボスを余裕で倒せる強さです。
こういうデータを一つ用意しておけば、エンディング回収が楽になります。

戦闘のコツ

・攻撃の基本は無心円舞
知力が999で習得できる無心円舞は、MP消費無しに4倍攻撃ができます。
攻撃をする際は、これ以外は基本使いません。

・大神速
ボスが回復などをしてなかなか削れない際は、大神速を使用します。
大神速は消費MPが多いので、20ターン効果が持続するスピードイチゴなどの方が便利かもしれません。

・ストレスを活用する
訓練においては効果が下がるストレスですが、戦闘では基礎攻撃力が上昇します。
ボス戦の前などは、敢えてストレスをマックスにしておくことで、非常に楽に戦えることもあります。
ストレスの効果は、地味にオープニングでしか教えてもらえないので、盲点になりがちです。
訓練以外では、街中で「噂を聞く」を選べば、ストレスだけを上昇させやすいです。

・敵の回復を超えて畳みかけろ
本編のラスボスは、HPがある程度減ると「癒手」や「瞑想」などで回復します。
ある程度HPを減らしたら、こちらも耐性を整えた後に、大神速やスピードイチゴで畳みかけましょう。
面倒であれば、お金はかかりますが、「奥義封殺」を習得すれば割と楽には戦えます。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする