漫画「彼方のアストラ」(篠原健太)紹介・感想

ネット上でお勧めされており、全5巻と巻数も少ないので読んでみました。
ここの最近読んだ漫画の中で、ずば抜けて面白かったです。
ダラダラとした引き延ばしもなく、5巻というスペースに、色々な面白さがギュっと詰まった名作です。

紹介

突発的なアクシデントで、遠い宇宙の彼方に飛ばされてしまった9人の少年少女たちが、故郷へ帰るために協力するSF作品です。
ベースはSFですが、サバイバル、サスペンス、ミステリーなど様々な要素が盛り込まれています。
絵柄は、今風のスッキリしたキレイな作風で、どんな人でも見やすい絵です。
僕は絵柄のクセのなさから、内容もあっさりしているのかなと先入観がありましたが、予想を大きく裏切られました。

あらゆる描写や設定に無駄がなく、サスペンス部分も緻密に描かれています。

熱血漢な主人公・カナタをはじめとして、メンバーの性格などは王道である分、他の部分で予想を裏切られます。
伏線や叙述トリックなども序盤から仕込まれており、後半にかけてその意味が明らかにされます。
それでいてギャグもなかなかキレがあり、ここ最近読んだ漫画ではダントツに面白かったと断言できます。

感想

全5巻とそれほど多くない冊数なので、読み始めやすい作品でした。
内容も中だるみもほぼなく、非常に濃い物語でした。

序盤の様々な惑星に食糧調達のため立ち寄るのは、手塚治虫の「火の鳥」の望郷編を思い起こさせました。
それぞれの惑星に特徴があり、生態系も独特な、王道のSF冒険ものの味わいがあります。
そして通信機が破壊されていた当たりのくだりは萩尾望都の「11人いる!」を彷彿とさせるサスペンスでした。
さらに中盤以降の陰謀が渦巻く展開は、「テラフォーマーズ」かのような面白さがあり、すべての面白さが融合されていたように思います。

昔から色々な漫画を読んでいる人にとっては、どこかで見たような展開があるかもしれません。
しかしそうではない若い人たちに、こういった面白さが伝わっていくと良いなと思います。
ネタバレせずに面白さを伝えるのが難しい作品なので、具体性のない感想文になってしまうのはご容赦ください。

そのほか、本ブログで紹介している漫画の記事をまとめたページはこちらです。
本ブログで紹介している漫画系の記事まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする