Myosotis ミオソティス(フリー・探索脱出ADVゲーム)

先日プレイした、ドッド工房様のフリーゲーム「消えたあの時の叫び」がとても面白かったため、本作「Myosotis ミオソティス」もプレイしました。
クリア自体は30分くらいでできますが、とても心に残る作品でした。

ダウンロードはこちらから(「ふりーむ!」作品ページ)
Myosotis ミオソティス

ゲーム概要

謎の怪物がうろつく、閉鎖された家から脱出するのが目的の、探索アドベンチャーゲームです。
基本的には、怪物を避けつつ各所を調べていき、仕掛けられた謎を解いて進めていきます。

怪人と接触すると、注射器を刺されてダメージを受けてしまいます。
上手く回避しながら、家の様々なところを調べていきましょう。
謎を解くには、色々な場所に置かれた日記や手紙などを読んで、推理しなければいけない場面もあります。
最後のクリア時に真相がわかったとき、何とも言いようのない感情を覚えると思います。

感想(ネタバレあり)

ここからは感想ですが、とても重要なネタバレがあるため、クリアする前には読まない方がいいです。

難易度は、普通を選択してプレイしました。
最初、怪物が初登場する場面は驚きました。
それほど広くない家が舞台なので、いつ遭遇するかハラハラしながらプレイしました。
地獄の難易度だと、HPが1の上に、怪物がダッシュしてくるので恐怖感も数倍です。
やられるときは、訳も分からず一瞬でやられてしまいます。

ゲームの攻略は、最後のダイヤル式の解除ナンバーは、公式の攻略ページを頼ってしまいました。
しかし、具体的な数字に関してはプレイごとに変わるらしいので、自力でメモなどを取りながら解きました。

最後、怪物に注射して脱出するときの、「本当にこれでいいのか?」という気まずい感は、何とも言えませんでした。
そしてエンディングで真実を察し、とても切ない気持ちになりました。

2周目をプレイしてみると、色々な発見があります。
日記などに出てくる青い文字は、先に進むうえでの重要なヒントになっているのは明白ですが、攻略に使わない情報でも、ストーリーを読み解く上で重要な部分は青い文字になっています。
例えば、物置に置いてある「彼女について」というノートは、いくつかの項目が青く書かれています。
これらの項目は、彼女が覚えていられなくなったことや、失ってしまったものだと推測しますが、ゲーム中の様々な部分に対応しています。

・場所(ここの間取り)・・・プレイヤー=少女が、この家の間取りを知らない。
・仕事の仕方・・・緑の糸を紡ぐ途中で糸車が放置されている。
・自分の年齢・・・自分のことを少女と認識している。
・私のこと・・・怪物に注射をして幻覚が覚めたあとも、「私」を知らべても『思い出せない』と表示される。
・幻覚と妄想・・・「私」を怪物と認識して、変なものを注射しようとしている(スタート地点の植木鉢にも、妄想のメモがある)。

本作は、ゲーム中で明確には語られないからこそ、断片的な情報からプレイヤーが推理できる面白さがあります。
ひとつのアイデアで膨らませた、ゲーム版の叙述トリックとも言える仕掛けがとても新鮮でした。
以下は、自分で勝手に解釈して、納得した点をつらつらと書いていきます。

・主人公は、おそらく重度の認知症。
・本棚が全部窓を塞ぐように置いてあるのは、主人公が外へ出て行って、事故に遭ってしまわないため(主人公を守るため)。
・日記の中で、「私」が眠れなくなってきているという記述から、注射器の中身は睡眠薬だと思われる。
普通、注射するような強い睡眠薬は個人では手に入れられないが、退職した薬剤師の友人に事情を話し、譲ってもらったのかもしれない。
・最後は効果音から推測すると、主人公は車に撥ねられてしまったのだと思われる。
・「私」も、白い粉が溶け切らないほど大量の睡眠薬を注射されたことや、ナイフでの傷により、無事ではないと考えられる。

そのほか、本ブログで紹介しているゲームをまとめた記事はこちらです。
本ブログで紹介しているゲーム系の記事まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ダビドフ より:

    おひさしぶりです、フリゲのハーチウム、ようやくクリアできました。
    操作キャラ数のインフレで、挫折しそうに、なりましたが、終盤一気に面白くなってきて、楽しめました。
    SRPGは大好きなんですが、終盤の、操作キャラと敵キャラのインフレとアイテム整理は、たいへんですねえー SRPGの宿命みたいなものですかね?
    スパロボα外伝もそれで挫折したトラウマが。
    ハーチウムはすごくよくできてました、面白かったです。このクオリティーでフリーとは、すごすぎる。
    つぎは、グランシールクロニクルをやるつもりです。

    • losspass より:

      コメントありがとうございます。
      ハーチウムのクリア、おめでとうございます。
      スパロボシリーズはステージの作りがマンネリ化しがちですが、ハーチウムは飽きが来ないように工夫されていたと思います。

      ハーチウムと同じ作者が作られている「新説魔法少女」や、別の作者ですが「グレイメルカ」という作品も、フリーのSRPGとしてお勧めです。
      難易度は高めですが、ハーチウムをクリアされているのなら、楽しめると思います。
      グランシール・クロニクルも、王道なファイアーエムブレムという雰囲気で、とてもよく出来ているので、ぜひプレイしてみてください。
      このような素晴らしい作品が無料で遊べるというのは、良い世の中になったものだと感じます。